室蘭民報WEB NEWS 電話&メールひとこと むろみんトーク
トップ 最新ニュース 過去のニュース つり イベント情報 会社案内

過去1週間の夕刊に掲載された「むろみんトーク」を紹介します。

投稿はこちから→メールひとこと むろみんトーク



 ■ テロ対策早急に結論出して

 今まさに、国会ではテロ等準備罪を新設する法案の審議が行われていますが、その必要性についてすら与野党が真っ向から対立していることに、私は強い不安を覚えます。今や世界のどこかで、連日のようにテロが発生し、尊い人命が失われています。
 わが国とて例外ではなく、その対策は極めて重要であると思います。私たちは既にオウム真理教のサリンによるテロを経験していますが、その教訓が生かされていないように思えてなりません。
 国際組織犯罪防止条約に加盟するには、現行の国内法では不十分だとされており、少なくとも、テロ対策は政争の具にすべきではないことは言うまでもありません。国民の生命と財産を守る視点に立って、真摯(しんし)な議論を行って早急に結論を出すことを期待します。
(平和を愛する一老人)

<2017年4月24日夕刊>


 ■ PTA会費流用…その後は?

 先月報道されていた室蘭市内の校長先生のPTA会費などの流用について気になっています。その後どうなったのでしょうか。前に勤めていた学校の調査や処罰などの結末が知らされていない気がします。
 理由はどうあれ、横領ではありませんか?返金されたらそれで解決でしょうか。子どもたちを教育していただく先生たちの一番上に立っていた人です。親にとって大切なわが子をお預けして育てていただいていた神様のような存在でした。
 横領は泥棒にも等しいのでは。結果を知らせるべきです。
(室蘭市民)

<2017年4月22日夕刊>


 ■ 近くの駐車場開放して

 室蘭市内の駐車場がどこも満車です。特に保健センターやサンキッズは、映画館やボウリング場が近いせいもあり、いつも混み合っています。小さい子を連れて離れた場所から、歩かなければなりません。
 空いていない場合は、近くの施設の駐車場を開放していただくなどお互いに工夫はできないでしょうか。
 混んでいる日は、道路の両脇に駐車車両が並び、見通しも悪くなります。何とかならないものでしょうか。
(室蘭市、30代主婦)

<2017年4月21日夕刊>


 ■ 強風による被害心配

 有珠山の雪も少なくなり庭にはレンギョウ、スイセン、クロッカスが咲く季節がやってきました。野山が花で染まるいいシーズンとなるでしょう。
 先日の低気圧の影響で、花が咲いた桜の枝が強風で折れるし、花びらは舞い落ちてあちこちに飛んでいくし、ごみも飛んできました。畑の道路は水浸し、交通も不通になり、臨時休校も出ていました。歩いていても辺りから何か飛んでくると事故のもとです。
 農家さんのビニールハウスも飛ばされているようです。いろいろ大変なのです。せっかく育てた苗もあることでしょう。本当に自然には逆らうことはできません。少しばかりの畑に春野菜をまいても水はたまるし、芽が出ません。自家製はいいけれど、大農家さんは大変なことと思います。
 きょうは一歩も外に出られませんでした。これからゴールデンウイークで休みが続きます。災害は忘れたころにやってくるといいます。お天気になればと願っています。
(伊達市、市民)

<2017年4月20日夕刊>


 ■ 暖かい春が待ち遠しいです

 次の日曜日は車のタイヤ交換をしようと、思いながら交換せずに、ここまできてしまった。
 室蘭で13日に季節外れの雪が降り、そのまま現在も冬タイヤのまま。21日ごろも札幌などでは雪が降るかもしれないという。もう少し待った方がよさそうな気配です。それにしても、急に暖かくなったと思ったら、当然、寒くなったりと、あまりに寒暖の差が大きくて、体が付いていかない天候が続いています。
 でも、室蘭の桜の開花は5月1日で平年より5日早く、昨年よりは6日遅いと出ていました。暖かいのか、寒いのか分かりづらいですが、もっと暖かくなってほしい。だから、タイヤ交換はもう少し待とうと思います。
(登別市、住民)

<2017年4月19日夕刊>


 ■ モルエの駐車場危ない

 室蘭市中島本町のモルエ中島に行くといつも感じることがあります。
 車が前後左右あちこちから来て危なくてしょうがないことです。一応は車の進行方向の矢印などがありますが、特に混雑しているとそんなことも関係なく車が行き来します。
 第一はドライバーのモラルでしょうが、広い駐車場の中で何か一方通行規制する方法はないのでしょうか。苫小牧のイオンは駐車場の周辺を交互に走れるようにうまく造っています。
 できれば、もっとスムーズに進行できるような工夫ができないものか。ちょうど、新たにホームセンターも出店するようになるので、できれば検討してもらいたい。
(室蘭市、住民)

<2017年4月18日夕刊>


 ■ 大橋2期工事よく考えて

 本年度の室蘭市議会に白鳥新道・幹線道路建設特別委員会が引き続き設置されるとある。大橋完成から約20年。大橋完成時と今の状況の変化を市議会議員の皆さんはどう見ているのか、そして何を考えているのかと思う。
 市議会議員の皆さんへ。国民の税金と借金を使って本当に、「ぜひ、大橋2期工事をやりましょう」なのでしょうか。
 室蘭の将来を見据えた青山市長の市政に対して建設的意見の具申と効果的な施策の議員提案をし、実のある議論をお願いします。
 今の日本人は変わったと評論家が言います。自分ではちょっとおかしいな、と思っても、あえてそれを言い出さないで流れに追従していくだけ。
 今、大きな騒ぎの豊洲市場、森友学園などの関係者の中にも、「これって考えてみるとおかしいな」と感じた人がいたと思います。
(室蘭市幌萌町の男性)

<2017年4月17日夕刊>

↑↑
ページTOPへ


当ホームページに掲載の記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は室蘭民報社に帰属します。