室蘭民報WEB NEWS 電話&メールひとこと むろみんトーク
トップ 最新ニュース 過去のニュース つり イベント情報 会社案内

過去1週間の夕刊に掲載された「むろみんトーク」を紹介します。

投稿はこちらから→メールひとこと むろみんトーク



 ■【回答します】HPの質問、担当課から返信

 4日付、むろみんトークの「室蘭市HPの質問に返答を」についてお答えします。
 室蘭市のホームページ「お問い合わせ ご意見」から市に寄せられたご質問につきましては、内容によっては多少お時間を頂く場合がございますが、担当課から直接回答をするようにしています。
 ご質問の返信がない場合は、ご面倒をお掛けしますが、室蘭市広報課(電話25局2193番)、または、Eメール(shimintaiwa@city.muroran.lg.jp)までご連絡いただければ、担当課と調整させていただきます。
(室蘭市総務部広報課)

<2019年12月7日夕刊>


 ■ 心温まる「懐かしの写真館」

 初めて投稿させていただきます。日中、暴風雪と零下の冷え込みに見舞われた4日の室蘭地方、そんな一日の夕刻、新聞受けに室民の夕刊を取りに行き、きょうの寒さでの出来事や事故などを心配しながら手に取ると、目に止まったのは、いつものコーナー「懐かしの写真館」でした。
 1979年(昭和54年)12月8日撮影の記事で、内容は道南バスが母恋駅前に整備していた待合室の完成を知らせる記事でした。
 この年の初乗り料金10円アップに伴う、市民へのサービス還元を込めて−とありました。ほのぼのとした記事として今の私には伝わってきました。
 それというのも、日付が私の24歳の誕生日と長男を出産した昭和54年が偶然にも重なった縁起の良い報道と感じたからです。寒い一日に私にとっては心温まる40年前のアーカイブでした。ありがとうございます。
(道南バスにエールをおくる室蘭市民より)

<2019年12月6日夕刊>


 ■ 【回答します】危害の恐れのみ駆除可能

 11月30日付本欄に掲載の「1日も早くカラスの巣撤去を」について、お答えします。
 カラスは鳥獣保護管理法により捕獲が禁止されているため、鳴き声による騒音やフンによる被害での駆除はできません。ただし、春から夏にかけての繁殖期には、ヒナを守るために人を襲うことがあります。子育てが終わると巣を放棄し飛び立っていきますが、人に危害を加える恐れがある場合には捕獲許可による駆除が可能で、巣がある場所の管理者が適切に対処する必要があります。
 ご指摘の件は、ご相談のあった時点から管理者に現状や地域の意向をお伝えしておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
(室蘭市生活環境部地域生活課)

<2019年12月5日夕刊>


 ■ 室蘭市HPの質問に返答を

 最近、市役所への意見がむろみんトークで散見されていますよね。
 私は以前、市のホームページ「お問い合わせ ご意見」から市へメールにて意見質問した一市民です。
 室蘭市はむろみんトークに掲載された意見質問には素早く反応し、返答ありますが、一個人の質問には全く返答がないままなのです。
 室蘭市はホームページの「お問い合わせご意見」に対しての、しっかりした対応をしているのでしょうか?まず、このことについて、新聞を通してご返答ください。
(室蘭市、一市民)

<2019年12月4日夕刊>


 ■ 聞き取りやすい患者対応を

 親の付き添いで複数の総合病院に行きます。どの診療科も高齢者が多く受診しています。
 患者の呼び出しを聞いていて感じることがあります。医療従事者の多くがマスク着用で、耳が不自由な私の親を含め、聞き取りづらいです。会計窓口でも、マイク対応の病院もありますが、早口で呼ばれ声も小さいとなると、反応できないかと思います。
 大きくゆっくりと、間合いも考えて呼び出しをお願いいたします。
(室蘭市、主婦)

<2019年12月3日夕刊>


 ■ 移設のSLに電飾を

 室蘭観光協会の横に蒸気機関車(SL)が移設されました。朝夕にその前を通りますが、夕方になるとライトアップされます。
 ただ、何か物足りなさを感じます。そこで、期間と時間限定でもいいので、イルミネーションなどで飾り付けをしたら、もっと素晴らしくなると思います。
 ぜひ、ご検討ください。
(室蘭が大好きな主婦より)

<2019年12月2日夕刊>


 ■ 一日も早くカラスの巣撤去を

 室蘭市生活環境課の対応に不満を持つ市民です。今年の春に、カラスの巣の撤去をお願いしました。数年前から5、6羽のカラスによる騒音やフン被害があり、近所の方々と相談のうえ現状を訴えました。
 しかし2、3度、市職員が自宅近くのカラスや巣を見に来ただけで何もしてくれません。先月、知り合いの市議の方に相談したところ、来年の春にカラスの巣を撤去すると市から連絡がありました。
 市議の方には感謝しかありません。ですが、カラス被害は継続中で、一日も早く撤去してほしいのです。港北町2の地域住民を代表して投稿します。
(室蘭市、50代女性)

<2019年11月30日夕刊>

↑↑
ページTOPへ


当ホームページに掲載の記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は室蘭民報社に帰属します。