室蘭民報WEB NEWS 電話&メールひとこと むろみんトーク
トップ 最新ニュース 過去のニュース つり イベント情報 会社案内

過去1週間の夕刊に掲載された「むろみんトーク」を紹介します。

投稿はこちから→メールひとこと むろみんトーク



 ■ 「子どもの遊び場」無料に

 室蘭市中島町の生涯学習センターの開設に向けて準備が進められています。
 当施設の子育て機能である「子どもの遊び場」は有料施設として、図書機能については図書館と一線を画し民間委託で管理運営するということのようです。図面などでスペースのイメージは示されておりますが、利用方法を含め管理運営方法が判然としません。
 これまで、室蘭市の子どもが利用する施設に対する事業や支援を見た場合、科学館や水族館をはじめ、いろいろな施設で高齢者と同様に子どもたちに配慮され、政策的に無料になっているものがあります。
 現在、青山市長の政策の大きな柱として、子育て支援が示されている中、市では市民や団体、企業などに子育て応援団を募り、互助の精神のもと、子育て支援を一丸となって進めています。
 そういったことから、「子どもの広場」には、お金を出しても連れて行きたいという親もいると思いますが、無料であれば、さらに多くの親子に喜ばれ、気楽に楽しい気持ちで利用されるのではないでしょうか。
 せっかくの良い施設を多くの子どもたちに利用してもらう観点から考えた場合、有料化は利用者の減少につながるのではないかと憂慮するのは私だけでしょうか。ぜひ、子育て支援に配慮した施策の検討をしていただきたいと思います。
 次に、図書館機能については指定管理ではなく、図書館と一体化した輪西分室のような直営管理の方が効率的だと思います。
 生涯学習センターは待望の施設ですので、きめ細かく全体像を周知していただき、市民の期待に添うような施設にしていただきたいと思います。
(室蘭市中島本町、69歳男性)

<2017年1月24日夕刊>


 ■ 胆振総合振興局職員さん ありがとう

 先日の大雪の際の、除雪のお礼です。私の住んでいる近くには、胆振総合振興局の倉庫があります。
 倉庫は私道に面しており、過去に倉庫駐車場の除雪で、地域住民と職員がトラブルになったことがありました。本来、倉庫周辺だけで十分なのですが職員が、周辺の私道を朝から雪かきしてくれました。全力でしてくれたのでしょう、道路に寝ころぶ職員も。お疲れさまでした。
 先日のトークで、登別しんた21の職員さんありがとうというお話もありました。嫌な顔もせず市民のために働く姿は、素晴らしい上司の指導なのか、きっとすてきな職場なのだと思います。これこそ公務員の鏡だと感心しました。ありがとうございます。
(室蘭市、男性)

<2017年1月23日夕刊>


 ■ 除雪に若いパワー必要

 室蘭では珍しい大雪で、早朝から除雪車が出動していたようで、関係者の方々ありがとうございました。
 取りあえず車が通れるようになり、通路が確保されました。しかし道路の両側に雪を寄せた状態だったために、駐車場から車を出すのが大変だったという話もあるようです。
 住民が高齢化しているので、自宅前に山積みになった状態を解消するのは難しいのです。地域には若い人の力が必要なのですね。
(室蘭市、一市民)

<2017年1月21日夕刊>


 ■ 雪かき、みんなお疲れさま

 いや〜昨日のドカ雪には参りました。年に1、2回は大雪が降る室蘭ですが、こんなに降るのはめったにないのでは? 久々の雪かきでは、雪の捨て場にも困るし、重たいし。運動不足のわたしにはきつかったです。
 除雪の苦情がたくさんあったという記事が載っていました。その気持ちも確かに分かるけど、前日の夜からフル出動しているでしょうし、雪は朝まで降り止まず。こんな大雪じゃ仕方ないんじゃないかなと、筋肉痛で寝転がりながら新聞を見て思いました。
(室蘭、中年太りの男性)

<2017年1月20日夕刊>


 ■ 図書館輪西分室が好き

 行方不明だった読みさしの本が私の元に戻りました。時々利用している室蘭市図書館輪西分室のスタッフの女性が保管しててくれました。
 先日、輪西分室で目的の本がありましたので、借りる手続きをしましたら、スタッフの方が「ハイ!」と言って行方不明だった私の本を差し出しました。びっくりすると同時にとてもうれしかったです。昨年末に返却したとき、私物の本も一緒に返本ボックスに投函したようです。
 私は輪西分室が好きです。大人向けの書棚と子どもたちが好きな書棚が同じスペースにあり、お母さんと子どもたちの声が図書館内に響く雰囲気がとてもいいなあと思っています。
(室蘭市幌萌町、男性)

<2017年1月19日夕刊>


 ■ ごみ袋置いていかないで

 今朝(16日)5時30分ごろ、わが家のごみ箱にオレンジ袋30リットルが入っていました。うーん、夫が昨夜のうちに運び込んだのか? それにしても早過ぎと思いそばまで行き確認すると違う誰かが運び込んだ物でした。ペットボトルの空が3本も混入してありました。なぜ、わが家のごみ箱なの? 30リットルが一つしか入らない箱なのに迷惑千万なことです。
 有料当時には、オレンジ袋に入れずそのまま置かれたことがありました。きちんと分別されてなければ回収されず、迷惑このうえないです。さらにもう一つは、犬のふんをビニール袋のまま置いていった人もいました。失礼なことです。市・清掃課へ連絡しましたら、似たような電話が何十件とあるとのことに驚きました。モラルに欠けてますよね。信じられません。
(室蘭市住民)

<2017年1月18日夕刊>


 ■ 仲間から元気もらいました

 先日、趣味の大正琴の新年会が札幌市内で開かれ、出席しました。札幌は例年よりも大雪で、道路事情は悪く、ツルツル路面や足場の悪い道が続いておりました。
 私たちの新年会には全道各地から約100人が集まりました。会長のあいさつをはじめ、参加者同士の情報交換が続き元気をもらいました。
 人間は仲間がいて元気をいただき明日への道が開かれるのでしょう。人の輪に入るのが苦手な方もおりますが周囲の人がアドバイスし、皆で幸運の青い鳥を探したいものです。
(伊達市、一市民)

<2017年1月17日夕刊>

↑↑
ページTOPへ


当ホームページに掲載の記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は室蘭民報社に帰属します。