■ 連合室蘭のホットラインきょうまで、労働の悩み相談を
【2020年2月14日(金)朝刊】

労働者からの電話相談に応じる連合室蘭の舟橋事務局長
 連合室蘭(日西和広会長)は13日、「全国一斉集中労働相談ホットライン」を行った。「STOP!雇用不安」と題し、労働者からの雇用や労働環境などの悩みに電話で応じた。きょう14日まで実施する。

 連合の全国47地方連合会が一斉に行っている活動の一環。連合ではフリーダイヤルによる労働相談を実施しており、年間1万5千件の相談が寄せられている。この2日間は統一テーマを設け、より多くの相談に対応しながら、寄せられた相談内容などを発信している。11日には、中島本町の商業施設モルエ中島で、チラシ配布による街頭啓発を実施した。

 舟橋祐亮事務局長は「労働問題はじめ、相談事がありましたら連絡ください」と呼び掛けている。電話はフリーダイヤル、0120・154・052へ。
(北川誠)

【写真=労働者からの電話相談に応じる連合室蘭の舟橋事務局長




◇ 主な地域のニュース

☆ 13日に胆振地方の5観測地点で2月最高気温を記録
☆ 室工大副学長・董教授と太田准教授が世界最高峰研究者
☆ がん患者が働ける環境を、室蘭で道就労支援研修会
☆ 障がいに理解を…登別であいサポ研修、講話通し学ぶ
☆ 伊達高と緑丘高の統合新設校、特色ある活動目指す
☆ 洞爺湖町で産地直奏コンサート、中学生らが迫力の演奏
☆ 白老駅―ウポポイを経由するアイヌ文様バス導入へ
☆ 死亡事故ゼロ継続へ…室蘭市交通安全推進協が啓発活動