■ 室蘭・高砂5丁目公園に落ち葉プール「楽しかった」
【2019年11月17日(日)朝刊】

落ち葉プールで大学生とともに遊ぶ子どもたち
 室蘭市高砂町の高砂5丁目公園で16日、室蘭工業大学の学生らがアイデアを出したイベント「秋のプレーパーク」が開かれ、家族連れを中心に市民らが訪れ、落ち葉プールや段ボールのそり滑りなどを楽しんだ。

 公園は15日からの雪ですっかり冬景色に。室工大の大学院生と学生、地域住民ら計30人が協力して会場を設営し、来場者をもてなした。子どもたちは落ち葉を大量に集めたプールや傾斜を利用した段ボールそり滑りをはじめ、どんぐりストラップ作り、焼き芋などを楽しみ、大学生とも交流を深めた。

 食事を提供する「マルシェ」では、パンドミック(天神町)、やきとり伊勢広(中島町)が出店し、パンやおでんを提供して来場者に喜ばれた。室工大生で組織する「高砂5丁目公園プレーパークプロジェクト実行委員会」の杉村崇斗委員長(大学院1年)は「子どもが外で遊ぶ場所が少ないので、こういう機会に楽しんでもらえたら。イベントをきっかけに、地域住民や市職員の皆さんとも連携が取れるようになりました」と感想を話していた。

 落ち葉プールではしゃいでいた楢屋あさひさん(みなと小2年)は「みんなと遊べたのが楽しかったです」と、一緒に遊んでくれた大学生に感謝していた。

 プレーパークは実行委と地域住民による「高砂5丁目公園コミュニティ」が年3回開催し、市民に季節ならではのイベントを提供している。
(奥野浩章)

【写真=落ち葉プールで大学生とともに遊ぶ子どもたち




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・中島町ふれあい広場にイルミネーションが点灯
☆ 室蘭でプログラミングから電子工作の工夫や苦労発表
☆ 増川弁護士と室工大生2人が宮古でボランティア
☆ 登別で民家内部全焼し1人死亡、幌別児童館の一部延焼
☆ 登別市男女共同参画作品展表彰式で受賞46人たたえる
☆ 伊逹・有珠善光寺の檀家らが放水銃操作し防火訓練
☆ 壮瞥町P連研究大会で子どもたちに必要な六つのC学ぶ