■ 軽快ジャズで640人を魅了、室蘭・翔陽中が定期演奏会
【2019年11月12日(火)朝刊】

ジャズやバラードなど、変幻自在の演奏を披露した翔陽中ジャズバンド部
 室蘭市翔陽中学校ジャズバンド部(飯尾姫奈部長)の9th定期演奏会が10日、幸町の室ガス文化センターで開かれ、部員26人が今年の集大成となる演奏で、来場した約640人を魅了した。

 定演は3部構成。1部はスタンダードナンバーの「シング、シング、シング」で開幕。乗りの良い演奏が始まると、来場者はすぐに手拍子を打ち、部員たちはエネルギッシュなパフォーマンスで応え、アドリブを利かせたソロ演奏などでジャズの魅力を伝えた。

 2部は1、2年生によるジュニアバンドの演奏。3部はテナー、アルト、ソプラノの3種類のサックス奏者がバラードなどで雰囲気たっぷりに演奏した。トロンボーン奏者4人によるハーモニーも客席を大いに沸かせた。プログラムとともに配布された赤や緑のペンライトを振る来場者と部員が一体となった場面も。

 飯尾部長(3年)は定演で引退する同学年に「ぶつかり合うことが多く、時には涙したときもありますが、一緒に演奏できたことを誇りに思います」と感謝の言葉。後輩には「これからも協力を忘れず、頑張って」とエールを送った。

 アンコールを含めて全19曲を最後まで全力で演奏し切ると、来場者は大きな拍手を送った。
(奥野浩章)

【写真=ジャズやバラードなど、変幻自在の演奏を披露した翔陽中ジャズバンド部




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市老人クラブ連合会の創立55周年記念誌が完成
☆ 室民杯ミニバス大会女子予選で地球岬と富岸が決勝進出
☆ 冬型事故防げ、交通安全運動初日に室蘭で車両パレード
☆ 教育関係者ら意見交換、登別で教育フォーラム開催
☆ 伊達150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹
☆ 入居者と心の交流―豊浦中の1年生23人が施設を訪問
☆ 白老町議会定例会で議長に松田氏、副議長に氏家氏選出
☆ ひとり親家庭対象に室蘭でセミナー、家事の工夫学ぶ