■ 室蘭市老人クラブ連合会の創立55周年記念誌が完成
【2019年11月12日(火)朝刊】

完成した記念誌を手にする川村理事
 今年で創立55周年を迎えた室蘭市老人クラブ連合会(市老連、藤田佳伸会長)が記念誌を作製した。A4判のパートカラー90ページ。14日に入江町のホテルセピアスで開催する祝賀会で配布する。

 同会はこれまで10年ごとに記念誌を作製しているが、5年では初めて。内容は50周年からの5年にわたる活動年表や単位老人クラブの加入人数の推移を示したグラフ、市老連及び各クラブの役員一覧などを掲載。これまでの市老連の行事を写真で紹介しているほか、藤田会長はじめ青山剛市長、山中正尚市社会福祉協議会会長らのあいさつも載せた。

 記念誌は市老連の理事6人による部会が手掛けた。同部会リーダーの川村昭二理事(清水町クラブ長生会会長)は「個人や企業、団体を含めた協賛広告が150件近くあり、ページ数の確定と貼り付けといった調整が難航した」と振り返った。広告出資者には配布を終えたという。

 その上で川村理事は「今回の記念誌創刊は、協賛広告に賛同された関係各位のご厚情のたまもので、深く感謝します。本誌を通じ市老連に所属するクラブを理解いただければ幸いです」と完成に当たり謝辞を述べていた。
(北川誠)

【写真=完成した記念誌を手にする川村理事




◇ 主な地域のニュース

☆ 軽快ジャズで640人を魅了、室蘭・翔陽中が定期演奏会
☆ 室民杯ミニバス大会女子予選で地球岬と富岸が決勝進出
☆ 冬型事故防げ、交通安全運動初日に室蘭で車両パレード
☆ 教育関係者ら意見交換、登別で教育フォーラム開催
☆ 伊達150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹
☆ 入居者と心の交流―豊浦中の1年生23人が施設を訪問
☆ 白老町議会定例会で議長に松田氏、副議長に氏家氏選出
☆ ひとり親家庭対象に室蘭でセミナー、家事の工夫学ぶ