■ ひとり親家庭対象に室蘭でセミナー、家事の工夫学ぶ
【2019年11月12日(火)夕刊】

家事の工夫により自分の時間を生み出す方法を学んだセミナー
 母子家庭等就業・自立支援センター主催の胆振地区セミナーが9日、室蘭市東町のハートセンタービルで開かれ、ひとり親家庭の参加者が、日々忙しい中で時間を生み出す家事の工夫の仕方を学んだ。

 同センターは日胆、後志、石狩、空知をエリアに就業支援などを展開している。今回は就業実践指導の一環で室蘭友の会(横山由美子総リーダー)メンバー3人が講師を務めた。

 セミナーには約20人が参加。室蘭友の会は、日常生活の困り事を知恵を持ち寄り改善に取り組んでおり、メンバーが工夫の仕方を説明。床やテーブルに物を置かないことなど朝と夜にすることの習慣付けのほか、台所用、風呂掃除用など別々に買いがちな洗剤を、クエン酸、セスキ水炭酸ソーダなど汎用性の高いものに絞り込んで利用するなど、把握できる分だけ物を持つ工夫も伝えた。

 横山総リーダーは、頑張り過ぎない食事づくりを説いた。ホワイトソースを作らなくても大根やエリンギでできるグラタンの作り方や、「豚のひき肉などでもとを作り置きすると春雨の炒め物やマーボー豆腐が手軽にできる」とし、持参した手製のメニューの試食などを通して工夫で時間を生み出す方法を伝えた。
(粟島暁浩)

【写真=家事の工夫により自分の時間を生み出す方法を学んだセミナー




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市老人クラブ連合会の創立55周年記念誌が完成
☆ 軽快ジャズで640人を魅了、室蘭・翔陽中が定期演奏会
☆ 室民杯ミニバス大会女子予選で地球岬と富岸が決勝進出
☆ 冬型事故防げ、交通安全運動初日に室蘭で車両パレード
☆ 教育関係者ら意見交換、登別で教育フォーラム開催
☆ 伊達150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹
☆ 入居者と心の交流―豊浦中の1年生23人が施設を訪問
☆ 白老町議会定例会で議長に松田氏、副議長に氏家氏選出