■ 室蘭・旧絵鞆小で光る絵本展開催、市民有志がCF実施
【2019年11月9日(土)朝刊】

西野亮廣さんの最新作「チックタック〜約束の時計台」(幻冬舎刊)の表紙。室蘭で同絵本を題材にした光る絵本展が開催される
 お笑いコンビ「キングコング」の一人で、絵本作家としても知られる西野亮廣さんの作品を集めた「光る絵本展」が30日から2日間、室蘭市の旧絵鞆小学校円形校舎で開かれる見通しとなった。市民有志が「歴史的建造物活用のヒントになれば」と実行委員会を立ち上げ、近くクラウドファンディング(CF)で支援を募る。最新絵本「チックタック」のパネル41点を展示、幻想的な世界を届ける。

 光る絵本展は、道内各地や海外でも開催されており「世界的にも評価されている」(実行委)イベント。原画をフィルムにプリントしLEDで光らせるパネルが特徴で暗闇の中で光る絵本が独特の空間を演出する。

 ウェブ上の会員制コミュニティー「西野亮廣エンタメ研究所」オンラインサロンメンバーの橋本詩穂さん(38)=登別市在住=が、円形校舎の一つの体育館棟の解体方針や団体の存続運動を知り企画。「見せ方によってはすてきな活用ができるという提案をしたい」との思いを実行した。

 10月から仲間の輪を広げて実行委を組織した。過去に札幌で開催した実績がある団体やパネルの所有者、西野さん側との調整に奔走。市教委に趣旨を繰り返し伝えた。関係者の厚意で、急きょ開催できることになった。 当日は絵本と室蘭夜景のコラボレーションを意識した展示手法で、来場者を楽しませる。会場は校舎棟3階のガラス張りの一角を利用。パネルを窓に向けて設置し、絵本とガラスに映る絵本、屋外の白鳥大橋や工場夜景が「光の共演」を繰り広げる。

光る絵本展開催への思いを語る橋本実行委員長 入場券は前売りのみで、高校生以上500円、中学生以下無料に設定する。現在は販売手法などの詳細を詰めている。開催経費はCFで調達する考えで、目標額を80万円に設定、近く開始する。リターンは入場券や運営スタッフとしての参加権などを用意した。

 橋本さんは「ぜひ2棟があるうちに実現したかった。地域住民や子どもたちに素晴らしい作品を見てもらいたい」と話している。
(鞠子理人)

【写真=西野亮廣さんの最新作「チックタック〜約束の時計台」(幻冬舎刊)の表紙。室蘭で同絵本を題材にした光る絵本展が開催される(上)、光る絵本展開催への思いを語る橋本実行委員長(下)】




◇ 主な地域のニュース

☆ 喜びの70周年、室蘭地区保護司会が祝賀会で継続誓う
☆ 室蘭市消防署1〜10月の緊急出動3577件、適正利用訴え
☆ 心にともす看護の思い…市立室蘭専門学院で「誓う式」
☆ 登別・わかさいも本舗の松澤さんが洋菓子コンで銅賞
☆ 行政に依存せず努力―伊達商工会議所・菅新会頭に聞く
☆ シャボン玉作りなど、道てん菜協会が伊達小で勉強会
☆ 東京五輪、パラ関連スポフェスで白老・萩野小が優秀賞
☆ 来春統合の水元、高砂小児童が室蘭・天神小を見学