■ マラソン前倒し方針―森会長が札幌開催の協力を要請
【2019年11月8日(金)朝刊】

マラソンと競歩の札幌移転に関して鈴木知事と会談する森会長(左)
 東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は7日、道庁を訪れ鈴木直道知事と会談した。森会長はマラソンと競歩の札幌移転に伴う経費負担に「北海道に迷惑を掛けないようにしたい」と述べ、閉会式(8月9日)やドーピング検査の時間確保から男子マラソンの日程を前倒しするとの考えを示した。

 マラソンと競歩の札幌移転を受け訪問した。森会長は暑さ対策に「自然相手なので最後まで努力するつもりだったが、ドーハの世界陸上の状況を見てバッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長が意を決した。マラソンは五輪の華であり、場所が代わっても成功したと言われるようにしたい」と話した。

 鈴木知事は「期間がない前例なき状況であり、オールジャパン体制をつくるために組織委にも汗をかいていただきたい。不安の一つに経費問題がある。組織委に負担していただくのが基本的と認識している。緊密に連携し体制の在り方も議論したい」と求めた。森会長は「経費はIOCで考えてほしいと話している」とし、大会最終日の男子マラソンについても「ドーピング検査などのため代わると思う。早く決めなければならない」と語った。

 森会長は道庁を訪れた後、札幌市役所で秋元克広市長と会談した。きょう8日は組織委の武藤敏郎事務総長らが鈴木知事を訪ねるほか、組織委、道、札幌市の三者が実務者会議を開く。
(有田太一郎)

【写真=マラソンと競歩の札幌移転に関して鈴木知事と会談する森会長(左)




◇ 主な地域のニュース

☆ 企業にやさしい街へ…室蘭商議所、栗林体制総仕上げ
☆ 室蘭市中央町の商店街に廃材で遊べる雑貨店がオープン
☆ コミスク導入の本室蘭中、体育の先生は地域の柔道家
☆ 子育て情報発信、室蘭市が10月からオープンデータ化
☆ 登別で発災から72時間までの対応をカードゲームで共有
☆ 伊達赤十字病院が西胆振で最新式のCTスキャナーに更新
☆ 年賀はがきで白老・ウポポイPR、道内85郵便局で販売
☆ 室工大准教授の神田さんが経験踏まえ清水高生に講話