■ 高校生光るカメラアイ…室蘭で全道写真展と研究大会
【2019年10月18日(金)朝刊】

作品講評に臨む生徒たち=室ガス文化センター
 第43回全道高校写真展と研究大会が、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれている。高校生の視線で日常の一瞬を切り取った397点を展示したほか、撮影会などを通して、生徒たちが表現の幅を広げている。18日まで。

 大会は道高文連主催、道高文連室蘭支部など主管、室蘭民報社など後援。写真展の入賞作が発表され、地元では室蘭栄高校3年の松本七海さんの作品「いただき!!」が入選を果たした。

 研究大会の撮影会には、全道114校から参加した写真部員ら442人が「グランプリ」となる被写体を求めて旧室蘭駅舎や地球岬など市内を回り、盛んにシャッターを切っていた。講演会が17日午後にあり、海洋生物学者・写真家の笹森琴絵さんが「写真のチカラ」と題して講演した。
(野村英史)

【写真=作品講評に臨む生徒たち=室ガス文化センター】




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭地方新聞コンクール始まる、最優秀賞などを発表
☆ 室蘭市職員が宮古で給水支援活動―災害派遣第1陣帰蘭
☆ 室民主催のJIMOTO愛キャンペーンがラルズ各店舗で開催
☆ 独創性光る93点並ぶ、登別・鷲別公民館で公募展始まる
☆ トンボ鉛筆陳列コンテストで伊達・「和歌」が最高賞
☆ 洞爺湖芸術館の本年度来館者数が最速4千人を達成
☆ アイヌ民族資料集約、白老町立図書館がコーナーを刷新
☆ 焼き鳥“熱い挑戦”、室蘭西中2年生が職場体験