■ 全道高校女子サッカー・大谷室蘭が準V、全国出場へ
【2019年10月15日(火)夕刊】

【文教大明清―大谷室蘭】前半、FW陣が躍動。相手ゴールを何度も脅かした
 第28回北海道高校女子サッカー選手権大会兼第28回全日本高校女子サッカー選手権大会北海道予選は14日、帯広の森球技場で準決勝、決勝が行われた。大谷室蘭は決勝で文教大明清と対戦。0―3で敗れ準優勝に終わった。両チームは全日本女子サッカー選手権(来年1月3〜12日、神戸市など)に出場する。

 決勝前半は両チームが決定機を作りながらも、互いに無得点。試合が動いたのは後半25分、文教大明清にPKを決められ、先制を許す。そこからリズムを崩し、連続失点。PKの判定に泣いた大谷室蘭。5年連続で明清に優勝を阻まれた。渡辺純一監督は「後半途中までペースを握ることができた。0―3の内容ではなかった。全国で2つ勝って悔しさを晴らすしかない」と選手に切り替えを求めた。
(鈴木直人)

女子組み合わせ ▽決勝 文教大明清3―0大谷室蘭

 その他は次の通り。

 ▽準決勝 大谷室蘭4―0旭川実業、文教大明清6―0北照

 ◇第98回全国高校サッカー選手権大会北海道大会(14日・芦別市なまこ山総合運動公園ほか)

 ▽男子準々決勝 札幌第一1―0北海道科学大、東海大札幌5―2市立函館、とわの森三愛0―0(PK3―2)帯広北、北海1―0駒大苫

【写真=【文教大明清―大谷室蘭】前半、FW陣が躍動。相手ゴールを何度も脅かした




◇ 主な地域のニュース

☆ 台風被害を免れるため室蘭港に道外から避難船続々
☆ マリンちゃん見納め…室蘭水族館が14日に今季クローズ
☆ 室蘭線ルーツ歩いて巡る―炭鉄港連動企画でSLなど見学
☆ 高校サッカー道大会で大谷室蘭が北海に敗れ8強逃す
☆ 登別・新生三丁目町会が防災訓練、発電機操作など実施
☆ 殿も姫もいきいき交流、伊達老ク連スポ大に280人参加
☆ 壮瞥・サムズで特産カボチャを使ったかりんとうが人気
☆ タイヤ盗難や詐欺に注意、苫小牧・イオンモールで啓発
☆ 白老町長選に戸田氏が出馬、町議選は少数激戦か