■ 台風被害を免れるため室蘭港に道外から避難船続々
【2019年10月14日(月)朝刊】

室蘭港に避難してきた道外などの貨物船
 関東地方などで大きな被害をもたらした台風19号は13日正午、太平洋上で温帯低気圧に変わった。胆振地方は12日夜から13日の明け方にかけて雨が降ったものの、大きな被害はなかった。室蘭港には台風被害を免れるため、停泊する道外の船が多く見られた。

 室蘭地方気象台によると、13日の各地の最大瞬間風速は室蘭18・3メートル、登別9・3メートル、伊達16・1メートル、苫小牧21・6メートルなど。室蘭港には、12日夕方ごろから貨物船など約20隻が続々と避難した。風が弱まった13日夕方ごろから、次の目的地に向けて随時出港。

 14日の室蘭は日中晴れるが夕方以降は曇り、最高気温15度の予想。
(西川悠也)


◆―― 室蘭市が宮古市に給水車と職員派遣

 室蘭市は13日、台風19号により一部地域で断水している岩手県宮古市の派遣要請に対し、8月に両市が締結した防災協定に基づき給水車1台と市職員2人を派遣したと発表した。

 職員は同日午後7時に室蘭市を出発し、苫小牧港から八戸行きのフェリーに乗船。宮古市へ向かった。派遣期間の終了日は定めず、同市からの要請に対応する。
(北川誠)

【写真=室蘭港に避難してきた道外などの貨物船




◇ 主な地域のニュース

☆ マリンちゃん見納め…室蘭水族館が14日に今季クローズ
☆ 室蘭線ルーツ歩いて巡る―炭鉄港連動企画でSLなど見学
☆ 高校サッカー道大会で大谷室蘭が北海に敗れ8強逃す
☆ 登別・新生三丁目町会が防災訓練、発電機操作など実施
☆ 殿も姫もいきいき交流、伊達老ク連スポ大に280人参加
☆ 壮瞥・サムズで特産カボチャを使ったかりんとうが人気
☆ タイヤ盗難や詐欺に注意、苫小牧・イオンモールで啓発
☆ 全道高校女子サッカー・大谷室蘭が準V、全国出場へ
☆ 白老町長選に戸田氏が出馬、町議選は少数激戦か