■ 室民など共催の2新聞コンの応募締切られる、力作集う
【2019年10月10日(木)朝刊】

力作が集まった新聞コンクールの作品
 室蘭民報社とモルエ中島(室蘭市中島本町)が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの応募が締め切られた。西胆振の小、中学校から応募があり、授業で学んだことや、学校の話題を題材に取材してまとめた力作が集まった。

 新聞週間(15〜21日)に合わせて毎年開催している。新聞コンクールには4小、中学校の35点、ぼくの・わたしの―には3校212点の応募があった。

 小学生は、見学旅行や修学旅行の訪問先の見どころを紹介。中学生は消費増税の中学生への影響や、学校の統廃合など社会問題や地域の話題を捉えた記事が児童生徒の視点でまとめられている。

 作品は17〜23日、モルエ中島に展示する。審査結果は室蘭民報の18日付朝刊に掲載する。表彰式は20日午前11時から、展示会場で開催する。  
(野村英史)

【写真=力作が集まった新聞コンクールの作品




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭の優位性アピール…市長が欧州の先進地域を訪問
☆ 室蘭市がだんパラ公園利用促進へ国交省調査事業に参加
☆ 胆振に強風吹き荒れる、室蘭では看板倒壊や倒木被害も
☆ 登別市制50年記念ナンバープレートなどのデザイン募集
☆ ガードランナーズと伊達市教委が登下校の見守りで協定
☆ 国の交付金支給、洞爺湖と豊浦町がアイヌ文化発信に力
☆ 白老元陣屋資料館が4ヶ国語ガイダンスシステムを導入
☆ ネット詐欺演じ理解―室蘭・海星学院高で消費生活講座