■ シャークス全国1勝を、室蘭・輪西4団体が応援看板設置
【2019年10月2日(水)朝刊】

シャークスの日本選手権全国出場を祝う看板
 室蘭・輪西商店街振興組合(石田佳久理事長)など4団体が、日本製鉄室蘭シャークスの第45回社会人野球日本選手権大会出場を祝う看板を、輪西町の商業施設「ぷらっと・てついち」に設置した。

 看板は、ぷらっと・てついち駐車場内に9月27日から設置。アルミ製で縦90センチ、横1メートル80センチ。同組合などは、シャークスが全国大会に出場するたびに記念の看板を立てている。

 2季連続の全国出場となるシャークスに向け、同組合の大坪信雄事務局長は「盛り上げに少しでも協力したい。ぜひ全国で1勝してほしい」とエールを送った。大会は京セラドーム大阪で25日に開幕する。
(吉本大樹)

【写真=シャークスの日本選手権全国出場を祝う看板




◇ 主な地域のニュース

☆ 消費税10%初日、西胆振の小売店では大きな混乱なし
☆ 日鉄室蘭が全コークス炉更新、西炉竣工で製銑工程強化
☆ 社会人サッカー道予選3位の日本製鉄室蘭が全国へ
☆ 登別青嶺高・弓道の塩谷さん国体へ、上位食い込みたい
☆ 迫力満点、鍛錬の成果発揮−伊達で古流居合道大会
☆ 虻田高生が埼玉の修学旅行生に洞爺湖の遊覧船ガイド
☆ 苫小牧市議会特別委でIR誘致賛成派が過半数を確保
☆ 住民守る決意高ぶる、室蘭署で新人4警察官に拳銃貸与