■ 高校バスケ室蘭地区予選会で海星学院男女そろって優勝
【2019年9月11日(水)朝刊】

ゴールを狙う海星学院の伊藤(上)、相手DFと競り合う海星学院の木田(下)
 第72回北海道高校バスケットボール選手権大会室蘭地区予選会は最終日の8日、登別市総合体育館で男女の準決勝、決勝が行われた。海星学院が男女そろって優勝、全道出場を決めた。

 男子決勝は海星―室栄。立ち上がりは点の取り合いとなったが、海星が守備からペースをつかみ、第1クオーターは28―12。第2、3クオーターと続けて1桁失点に抑えて隙を見せず、132―38で大勝した。

 女子決勝も海星と室栄が激突。海星がPG宮村を中心に点を重ねると、守備では試合を通じて2桁失点を許さず、166―21で全道切符を勝ち取った。

 武田響介ヘッドコーチは「守備から良い形で攻撃につなげるのが課題だったが、よくやってくれた」と攻守の連動を評価。「全道ではレベルも上がる。雰囲気は良いので残り2カ月で精神的にもしっかり鍛えたい」と意気込みを語った。
(吉本大樹)

 【男子】
 ▽準決勝 室栄96―65室清水、海星学院121―25伊達
 ▽決勝 海星学院132―38室栄
 【女子】
 ▽準決勝 室栄54―50室清水、海星学院137―23室蘭東翔
 ▽決勝 海星学院166―21室栄

【写真=ゴールを狙う海星学院の伊藤(上)相手DFと競り合う海星学院の木田(下)




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭の環境科学館と図書館、建設工事がスタート
☆ モール内一新、室蘭・モルエ中島に婦人服テナント決定
☆ 登別市老連大会・演芸発表会で功労者12人を表彰
☆ 伊達・相馬神社の畔蒜さんが半生つづるエッセー出版
☆ 伊達の関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売
☆ クラウドファンディング立ち上げ白老町の応援歌をCDに
☆ 屋外BBQが目玉…14、15日苫小牧市たるまえサンフェス
☆ 室蘭・大沢小の3、4年生がビオトープ訪れ体験学習