■ 絵筆巧み、まちの画家…室蘭美術協会公募展がスタート
【2019年9月7日(土)夕刊】

松本次男さんの「苔生す」など入賞作品、会員の作品が並ぶ公募展
 第69回市民文化祭参加第84回室蘭美術協会公募展が5日から、室蘭市幸町の室ガス文化センターと市民美術館で始まった。最高賞となる室蘭美術協会賞を受賞した松本次男さん(75)の水彩画「苔生(こけむ)す」(F30号)をはじめとする約70点が公開されている。

 室蘭文化連盟主催、室蘭市教育委員会共催。室蘭民報社など後援。公募展には16点の応募があり、12点が入賞、入選した。1階の同センター展示室では、入賞作品や会員の油彩画、アクリル画を展示。地下1階にある市民美術館では会員の水彩画や日本画が展示されている。

 松本さんの「苔生す」は、川に倒れ込んだ木に苔が生えている様子を透明感のある水彩画で表現した。「奥行きがあり、構図がしっかりしている」と評価された。

 今回、松本さんと米塚硝子店賞を受賞した小清水弘子さんのほか、室蘭陶芸協会の会員7人が会員推挙となった。陶芸も展示されており、来場者はじっくりと作品を鑑賞していた。

 8日午後4時まで。最終日の同2時から、同センターで表彰式が開かれる。
(坂本綾子)

【写真=松本次男さんの「苔生す」など入賞作品、会員の作品が並ぶ公募展




◇ 主な地域のニュース

☆ 胆振全校で「防災教育デー」、児童生徒が意識高める
☆ 押すな押すな―室蘭・白鳥台に新生ハック3店が開店
☆ 掃海艇「いずしま」が室蘭初入港、きょうから一般公開
☆ きょうから室蘭でスワンフェスタ、やきとり横町が登場
☆ 登別出身の俳優・津村さん熱演、満席の観衆をくぎ付け
☆ 伊達の西胆振消防本部が聴覚障害者らの緊急通報手助け
☆ 壮瞥の橋堀さん宅で隙間からにょき「ど根性スイカ」
☆ 「普段と違う洞爺湖」演出、洞爺湖芸術館で秋特別展