■ 室工大生などが水族館の課題解決にICT利活用案を考察
【2019年9月5日(木)朝刊】

コンピューターボードとパソコンを使って提案内容を体験する学生ら
 室蘭工業大学など4大学の学生が室蘭市絵鞆町のエンルムマリーナ室蘭を拠点に、1〜7日の日程で市立室蘭水族館とその周辺の課題解決に向けて、ICT(情報通信技術)の利活用案などを考えている。

 情報技術人材の育成を図る文部科学省の事業「enPiT」の一環で、今年で3年目。室工大のほか、千歳科学技術大学、稚内北星学園大学、秋田公立美術大学から情報系や美術系の3、4年生計15人が参加。enPiT支援組織の室蘭市と室蘭市観光協会からの提案で、今回は室蘭水族館とその周辺をテーマに演習を行っている。

 2〜4日は7グループに分かれ、水族館の取材やアイデアを描いたイラストの発表、写真や動画などの素材集めを行い、プレゼンテーション用の資料とアイデアを具現化するコンピューターボードを開発した。

 4日は各グループがプレゼンで「施設全体が見られるような掲示物がない」「水族館の中が暗くて子どもが入りたがらない」など、解決したい問題点を洗い出し、人感センサーを搭載したタッチパネル式MAPやプロジェクションマッピング、VR(仮想現実)の導入を提案。コンピューターボードとパソコンを使って簡易的に提案した内容を体験してもらった。

 海中列車をコンセプトにした内装やVRによる列車の海中探索を提案した室工大の大堀未来乃さん(4年)は「美大の方は絵がうまいので、互いに助け合いながら考えることができました」と振り返った。

 5〜7日は水族館周辺を歩きながら、地域の人々に話を聞き、今ある良さを生かした新しいサービスを考える。
(奥野浩章)

【写真=コンピューターボードとパソコンを使って提案内容を体験する学生ら




◇ 主な地域のニュース

☆ 追直漁港周辺でゴミの置き捨て、室蘭署が捜査を開始
☆ 来月開催のろうきんイベント、室蘭連合支店などで販売
☆ 登別などでサメ被害が後絶たず、捕獲事業も痛手大きく
☆ 全国中学柔道大会で五十嵐が伊達中初、5位入賞の快挙
☆ 豊浦・国保病院が体制新たに包括的支援に力を入れる
☆ 白老RCの公開例会で宮坂厚真町長が「教訓」と題し講演
☆ 特産品販売や音楽ライブなど…8日に「安平町復興祭」
☆ 絶景室蘭14枚を選考、ルネッサンスカレンダー写真