■ 登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演
【2019年8月20日(火)朝刊】

チラシを手に開催をアピールする津村さん
 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と胸を張る。

 津村さんが所属する道産子男闘呼倶楽部の北海道公演、シアターZOO提携公演、胆振東部地震復興支援公演として開く。モダンスイマーズなど主催。室蘭民報社など後援。

 当初は昨年札幌で開催予定だったが、胆振東部地震発生に伴い延期。8月30日〜9月1日に札幌公演を開き、5日に登別公演を行う。

 披露するステージは、「雪虫『出色異色な道産子達の、強くも儚い協奏曲』」。登別を舞台に、元自衛官の老人と息子、若い男女が織りなすストーリーだ。津村さんのほか出演者、作、演出も全て北海道出身者による公演となっている。

 出演者は4人全員が東京在住で、本番に向けて稽古を重ねた後に道内入りする。札幌公演を終えた2日に登別入りする予定。登別公演を前に、市民らを対象とした演劇のワークショップ開催も検討しているという。津村さんは「道内出身者による公演なので、北海道弁によるセリフで行います。登別の光景を思い浮かべながら、楽しんでもらいたい」と呼び掛けている。

 登別公演は5日午後6時半開始。チケットは一般自由席が前売り2500円、当日3千円。大学生以下が前売り1500円、当日2千円。市民会館やセイコーマートなりた、登別中央ショッピングセンター・アーニスなどで販売している。

 問い合わせは健千窯、電話0143・85局6585番へ。
(石川昌希)

【写真=チラシを手に開催をアピールする津村さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 客船オーシャン・ドリームが室蘭初入港し市民らと交流
☆ 今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝
☆ 室蘭・広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催
☆ 油絵や水彩画など20点並ぶ…登別でホワイト会の作品展
☆ 壮瞥天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞
☆ 洞爺湖町・虻田神社例大祭PG大会で潮風感じ爽快プレー
☆ 白老山岳会の「滝めぐり」で普段味わえない清涼感満喫
☆ 室蘭で24、25日開催のRFLに合わせ活動パネル展始まる