■ 室蘭で24、25日開催のRFLに合わせ活動パネル展始まる
【2019年8月20日(火)夕刊】

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019室蘭」の開催をPRするパネル展
 がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)2019室蘭」(8月24、25日)の開催に合わせた「パネル展」(RFL室蘭実行委員会主催)が19日から、室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらんで始まった。勇気と希望をつなげる活動の様子などが来館者らの注目を集めている。31日まで。

 パネル展では、参加者がたすきをつないで歩く「リレーウオーク」や、がんで亡くなった人や闘う人への思いをキャンドルに託した「ルミナリエ」、参加者を激励するイベントなどを約50枚の写真で紹介。来館者も「『がんになっても優しい社会』を目指す活動」に理解を深めていた。

 RFLは、がん征圧の願いを込め、がんに立ち向かう日々の思いや体験を語り合い、リレー方式で歩くチャリティーイベント。12回目を迎える今年は、8月24、25日、祝津町の道の駅みたら室蘭隣接広場で開催。

 また、23日午後6時半からは、中島町の市生涯学習センター・きらんで「がん対策市民講演会」(室蘭市、RFL室蘭実行委員会、室蘭市医師会主催)が開かれ、国立がんセンター名誉総長(日本対がん協会会長)の垣添忠生さんが「私の生き方」をテーマに講演する。入場無料。
(松岡秀宜)

【写真=「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019室蘭」の開催をPRするパネル展




◇ 主な地域のニュース

☆ 客船オーシャン・ドリームが室蘭初入港し市民らと交流
☆ 今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝
☆ 室蘭・広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催
☆ 登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演
☆ 油絵や水彩画など20点並ぶ…登別でホワイト会の作品展
☆ 壮瞥天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞
☆ 洞爺湖町・虻田神社例大祭PG大会で潮風感じ爽快プレー
☆ 白老山岳会の「滝めぐり」で普段味わえない清涼感満喫