■ 豊浦で勇壮大山車がまち巡行、町民ら盆踊りも楽しむ
【2019年8月14日(水)朝刊】

力を合わせ大山車を引っ張る町民たち
 とようら大山車盆まつり(商工会お祭り実施委主催)が9日、豊浦町浜町の天然豊浦温泉しおさい駐車場で開かれた。町民らが力を合わせ大山車を引き、祭りを盛り上げた。

 大山車は高さ5メートル、幅3・5メートル、奥行き5メートル。2005年(平成17年)に終了した町内の祭り「べんべよいとこまつり」で使用していた山車。2年前に町商工会青年部が修繕し、復活させた。

 祭りは参加者が大山車を引っ張る巡行で幕開け。子どもたちが「ヨイショ、ヨイショ」と綱を引き、大山車を祭り会場の中央まで移動させた。会場には子ども縁日やビール、焼き鳥などを売る屋台がずらり。大山車を囲むように盆踊りも始まり、町民らが楽しい夏の夜を過ごしていた。
(奥村憲史)

【写真=力を合わせ大山車を引っ張る町民たち




◇ 主な地域のニュース

☆ 工事進ちょく7割,室蘭バイオマス発電所の外装お目見え
☆ 室蘭・旧絵鞆小で1日限定公開、円形校舎に900人訪れる
☆ 室蘭民報社主催の親子新聞づくり体験会に6組17人参加
☆ 室蘭・證誠寺で万灯会、檀家が提灯ともし故人を供養
☆ 子ども忍者が躍動―登別・時代村で夏休みイベント好評
☆ 全国中体連へ西胆振からはサッカー・柔道・バドが出場
☆ 洞爺湖畔周辺のキャンプ場がお盆時期迎え大にぎわい
☆ 絵手紙、来館者癒やす…道の駅みたら室蘭で「喜楽展」