■ 室蘭・双葉保育所の園児がスイカ割りで夏の風物詩満喫
【2019年8月8日(木)朝刊】

スイカ割りに挑戦する園児と応援する園児たち
 7日の室蘭市は午前10時45分に最高気温25・5度を記録。これで25度以上の夏日は12日連続となった。大沢町の双葉保育所(佐藤春美所長)では、この暑さを吹き飛ばそうとスイカ割りが行われ、園児たちが夏の風物詩を満喫した。

 1、2歳児と年少から年長各組の51人は上川管内、当麻町特産の高級スイカ「でんすけすいか」割りに挑戦。この日が来るのを楽しみにしていた園児たちは、一人一人スイカ目掛けてプラスチックや紙で作った棒を振り下ろした。

 年少組からはアイマスクを着用し、年長組はさらに3回まわってからのスタート。先生や友達の「もっと前」「ストップ」などの声を頼りに奮闘していた。スイカを割ることはできなかったが、包丁できれいに切ってもらって試食。中身は真っ赤なスイカをおいしそうに頬張り、何度もお代わりするなど好評だった。

 年長組の斉藤翔君(5)は「当てることができたので楽しかった。割れなかったので少し悔しいけど、スイカはおいしいです」と夏の味覚を堪能していた。
(奥野浩章)

【写真=スイカ割りに挑戦する園児と応援する園児たち




◇ 主な地域のニュース

☆ 首都圏の学生7人が西胆振に1ヵ月滞在し就業体験
☆ アイヌの世界観巡る―室蘭・絵鞆で洋上モニターツアー
☆ 室蘭市消防隊員4人が救助技術全道1位、12年ぶり全国へ
☆ 登別地獄まつりやビアガーデンで温泉街の夏盛り上げる
☆ 登別・空手「藤島道場」の6人が道代表として全国へ
☆ 小学生が演劇の作品づくり体験、伊達出身藤田さん指導
☆ 白老・「浜フェス」第3弾の舟盛りは10日から3日間無料
☆ 室蘭で「たたら」実演会、子どもたちがヒ出しに歓声