■ 室蘭市消防隊員4人が救助技術全道1位、12年ぶり全国へ
【2019年8月8日(木)朝刊】

「全国大会ではベストタイムを」と意気込む4人。(左から)丹野さん、岩谷さん、佐藤さん、老久保さん
 室蘭市消防本部の隊員4人が、岡山市で25日に開かれる第48回全国消防救助技術大会に出場する。全国から選抜された救助隊員が集う大会に向けて、4人は「北海道の代表として恥ずかしくない結果を」と意気込んだ。

 丹野元稀さん(26)、岩谷健人さん(24)、佐藤祐太さん(23)、老久保望夢さん(22)の4人は「ロープブリッジ救出」に出場。約20メートルのロープを渡って、要救助者に結んだ救出ロープをけん引して救出する。倒壊の恐れがある建物などでの救助作業を想定した訓練だ。

 4人は7月に札幌市で行われた全道大会で、50秒05の好タイムを記録。2位の函館市消防本部に約2秒差をつけて全道1位となり、この種目では12年ぶりに全国大会出場を果たした。丹野さんは「中州に取り残された要救助者を救出する場合などにも応用できる基本的な訓練。実際の現場での活動に生かしたい」と話した。

 大会では、全国9支部を勝ち抜いた約1500隊から千人が出場。隊員は陸上と水上の計16種目のいずれか2種目まで出場できる。
(鈴木直人)

【写真=「全国大会ではベストタイムを」と意気込む4人。(左から)丹野さん、岩谷さん、佐藤さん、老久保さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 首都圏の学生7人が西胆振に1ヵ月滞在し就業体験
☆ アイヌの世界観巡る―室蘭・絵鞆で洋上モニターツアー
☆ 室蘭・双葉保育所の園児がスイカ割りで夏の風物詩満喫
☆ 登別地獄まつりやビアガーデンで温泉街の夏盛り上げる
☆ 登別・空手「藤島道場」の6人が道代表として全国へ
☆ 小学生が演劇の作品づくり体験、伊達出身藤田さん指導
☆ 白老・「浜フェス」第3弾の舟盛りは10日から3日間無料
☆ 室蘭で「たたら」実演会、子どもたちがヒ出しに歓声