■ 光る活動写真で追う―室蘭・本輪西ほたるの会が展示会
【2019年7月18日(木)夕刊】

ほたるの会の10年を超える活動を写真やパネルで紹介している展示会
 本輪西ほたるの会(豊川友治会長)の活動展示会が16日、室蘭市中島町の市民活動センターで始まった。毎年好評のホタル観賞会の様子や活動実績などを約170点の写真やパネルで紹介している。27日まで。

 同会は2008年(平成20年)4月、かつて地域に生息していたホタルを取り戻そうと旧本輪西小PTAのOBが結成。町内の栗林庭園でのホタルの幼虫の放流が実り自然繁殖に成功。会員が園内の清掃、安全柵や遮光ネット設置など環境整備に取り組み、毎年夏に観賞会を開いている。

 今回はこれまでの活動を写真などで紹介。活動当初の09年に取り組んだホタルの幼虫放流の様子や環境整備の活動、葉の上で光るホタルの姿などの写真が並ぶ。ホタル飛翔数の推移では、初年度から11年間の詳細な記録もあり、来場者はじっくり見入っていた。

 今年のホタル観賞会は27日から8月18日まで。同会の工藤英夫事務局長は「今年も多数の方に見に来ていただきたい」とPRしている。午後7時半から約1時間、栗林庭園内で開催する。
(粟島暁浩)

【写真=ほたるの会の10年を超える活動を写真やパネルで紹介している展示会




◇ 主な地域のニュース

☆ 都市対抗野球で室蘭シャークス、投手戦の末に敗れる
☆ ナラサキスタックスの新クレーン、室蘭で安全祈願祭
☆ 室蘭・母恋神社祭りで露店100店並び歓声と笑顔広がる
☆ 登別で来月3、4日に夏を楽しむグリーン・ピアフェス
☆ 登別・北翔建設のゼロエネ住宅、国の補助事業に初採択
☆ 伊逹の子ども食堂いちごはうすがプレオープンし大盛況
☆ 3年生4人がまちの活性化へ施策案を伊逹高祭で発表
☆ 白老町内中学3年生アンケートで8割超が「町が好き」