■ 室蘭・佐藤さん宅で約100種類のバラが満開迎える
【2019年7月12日(金)朝刊】

自慢のバラが咲き誇る佐瀬さん宅の庭
 室蘭市日の出町の佐瀬七重さん(79)が、自宅の庭で育てているバラが満開を迎えている。ピンクや白、赤、オレンジなど色とりどりに咲き誇っている。

 佐瀬さんが10年余り、手塩にかけて育ててきた。その数、約100種類。「最初は庭に彩りを加えたいと思って一株、また一株とそろえていったら、いつの間にかこうなった」。本人も正確には把握できていないという。

 今年は新芽が育つ5月が暖かく経過し、生育は良好。バラと一口に言っても、色や形、花びらの数、大きさなど千差万別だ。「愛情を注いだ分だけ、きれいに咲いてくれるの」と佐瀬さん。

 週末は、バラ好きな知人を招き観賞会を開くのが楽しみという。
(菅原啓)

【写真=自慢のバラが咲き誇る佐瀬さん宅の庭




◇ 主な地域のニュース

☆ 道南バスが室蘭―札幌間などで眠気検知センサーを導入
☆ 室蘭・らいらっくが20日まで作品展、来場者の心癒やす
☆ 登別で毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく
☆ 室蘭や伊逹で夏の交通安全運動始まり各地で啓発活動
☆ 伊達150年史を朗読劇で…劇団パラムが14日に定期公演
☆ 仙台市の児童4人が白老町を訪問しムックリ製作を体験
☆ 新事業で連携強化、苫小牧ではちとまネットワーク会議
☆ 室蘭・FMびゅーの沼田社長が「居酒屋塾こんそ」で講話