■ 室蘭の子育て支援センターで飾り物づくり、ママと工作
【2019年6月13日(木)夕刊】

協力し合いながらカタツムリの飾り物を作った親子
 室蘭市栄町の常盤保育所内にある子育て支援センター・らんらん(横山比呂世センター長)で10日、親子製作が行われた。母子が協力しながら飾り物づくりを楽しんでいた。

 同センターでは毎月、季節に合わせた製作を行っている。6月の製作はカタツムリで、子どもたちは母親と一緒に画用紙と紙皿をくっつけて、クレヨンで色を塗ったり、目を描いてかわいらしいカタツムリを完成させた。

 民谷千亜紀さん(28)=舟見町=は長男の弦士ちゃん(2)と製作をし「ものを作るのが好きなので、楽しそうに作っていました」と話し、弦士ちゃんはでき上がると「でんでんむしむし」と「カタツムリ」の歌を歌っていた。

 親子製作は14日にも行われる。1歳児以上は午前9時半から、0歳児は午後1時から。
(坂本綾子)

【写真=協力し合いながらカタツムリの飾り物を作った親子




◇ 主な地域のニュース

☆ 北海道の将来に貢献、室工大が長期研究ビジョンを発表
☆ 室蘭・白鳥大橋で未来の道路技術者が高所舗装工事体験
☆ 新火葬場、水族館の室蘭市指定管理期間を10年に設定
☆ みたら室蘭で新メニューうずらんパフェを17日から販売
☆ 登別商議所が増税に向けてレジアプリ体験コーナー開設
☆ 伊達・寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す
☆ 大雄寺音楽祭、伊達150年祝う心に響くバチさばき披露
☆ 地震被害で開催ピンチもあつま田舎まつり支援呼び掛け