■ のぼりべつ夏祭りで一芸自慢GP!を初開催、出場者募る
【2019年6月12日(水)朝刊】

ポスターを手に来場、参加を呼び掛ける(左から)西尾実行委員長、古本副実行委員長
 29、30の両日、登別市桜木町の川上公園で行われる第7回のぼりべつ夏祭り(同実行委員会主催)では、初めて「一芸自慢GP!」(30日午後2時半開始)が繰り広げられる。ユニークな特技を持つ来場者がステージ上で渾身(こんしん)のパフォーマンスを披露する内容だ。勝敗は観客が決めるスタイルで、今回のテーマ「〜夏をさきどり〜みんなが主役」にぴったりの企画だ。

 ショート動画作製、公開アプリが若者を中心に人気を集めている。今回は一人当たり3〜5分ほどの持ち時間を想定。ステージ上で自慢の特技を披露してもらう。勝敗は観客の拍手の大きさで決める。

 同実行委の古本秀一副実行委員長は「自転車のBMXやスケートボード、ダンスなどインパクトのある趣味、特技の人に参加してほしい」。西尾拓也実行委員長も「自薦、他薦問わず参加できます」とアピール。

 同夏祭りは多彩な企画が盛りだくさん。29日(正午〜午後9時)は登別伊達時代村の忍者ショーや「地獄の谷の鬼花火」を繰り広げる。30日(午前10時〜午後6時)の大抽選会は、トーホウリゾート(ホテルまほろば、名湯の宿パークホテル雅亭、平成館しおさい亭、平成館海羊亭)、登別グランドホテル、第一滝本館、登別石水亭、登別万世閣、ホテルゆもと登別、御やど清水屋、花鐘亭はなや、登別国際観光コンベンション協会から宿泊券の提供を受けるなど、豪華内容だ。

 ステージプログラムも豊富に用意。抽選券付きの前売り券は、登別中央ショッピングセンター・アーニス、セイコーマートなりた、温泉市場、藤崎わさび園、市内のつぼ八で販売中(1枚千円)。飲み物のほか、実行委提供店舗の指定メニューで使用できる。

 「一芸自慢GP!」の出場希望者は古本副実行委員長、携帯電話090・9513・0111へ。イベント全体への問い合わせは同実行委事務局、携帯電話090・1647・4449へ。各種情報は同まつりのフェイスブックページ(https://www.facebook.com/nobonatsu/)でも紹介している。
(石川昌希)

【写真=ポスターを手に来場、参加を呼び掛ける(左から)西尾実行委員長、古本副実行委員長




◇ 主な地域のニュース

☆ 増える空き家、膨らむ解体費に室蘭市が国へ要望強める
☆ 撮りフェスと連動し輪西シャッター街に昔の室蘭上映へ
☆ 東大・遠藤教授が室栄でSSH講演,動物死体から進化探る
☆ 登別の小中学校でB級グルメ閻魔やきそばが給食に登場
☆ 伊達緑丘高2年の総合学習でパン試作し学校祭で販売へ
☆ 豊浦の農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート
☆ ウポポイ核に稼ぐ力を…白老観光協会DMO登録目指す
☆ 室蘭東翔高吹奏楽団が定期演奏会で幅広い世代を魅了