■ 室蘭東翔高吹奏楽団が定期演奏会で幅広い世代を魅了
【2019年6月12日(水)夕刊】

躍動感あふれるステージが聴衆を魅了した東翔高校吹奏楽団の定期演奏会
 室蘭東翔高校吹奏楽団(今村宥月団長、26人)の第14回定期演奏会が9日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれ、持ち前の重厚で迫力あるサウンドを響かせた。

 演奏は3部構成。1部は、打ち寄せる波の音に繊細なハーモニーが重なる「なぎさの詩」や、迫力いっぱいの「レッドホエールの夢」などを演奏。躍動感あふれるリズムで魅了した。

 2部は、パートごとのソロが輝きを放った。「COPACABANA」「スウィング・スウィング・メドレー」など4曲を演奏し、高らかに響くソロに惜しみない拍手が送られていた。3部はアニメヒロインのメドレーや、「ディズニープリンセスメドレー」など幅広い世代が楽しめる曲を奏で、バラエティーに富んだ楽曲の数々に、会場は大いに盛り上がっていた。
(粟島暁浩)

【写真=躍動感あふれるステージが聴衆を魅了した東翔高校吹奏楽団の定期演奏会




◇ 主な地域のニュース

☆ 増える空き家、膨らむ解体費に室蘭市が国へ要望強める
☆ 撮りフェスと連動し輪西シャッター街に昔の室蘭上映へ
☆ 東大・遠藤教授が室栄でSSH講演,動物死体から進化探る
☆ のぼりべつ夏祭りで一芸自慢GP!を初開催、出場者募る
☆ 登別の小中学校でB級グルメ閻魔やきそばが給食に登場
☆ 伊達緑丘高2年の総合学習でパン試作し学校祭で販売へ
☆ 豊浦の農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート
☆ ウポポイ核に稼ぐ力を…白老観光協会DMO登録目指す