■ 天野さんが伊達・大滝NWコースでスタンプラリー実施へ
【2019年5月28日(火)朝刊】

大滝ノルディックウォーキングコースでスタンプラリーを企画する天野さん
 伊達市地域おこし協力隊の天野雅文さん(34)が大滝ノルディックウォーキングコースで、スタンプラリーの準備を進めている。「若い人たちの利用につながれば」と期待を込める。7月7日の「おおたき国際ノルディックウォーキング」から実施する。

 天野さんは昨年8月に着任し、大滝区の振興に尽力する。スタンプは全コースが通る大滝ナイアガラの滝に進む3キロコース内に設置する。4センチ四方のゴム印で、大滝の特産物や景観などをデザインした4個を予定している。

 スタンプの近くにはデザインの説明などをラミネートし設置し「全てスタンプを集めると、大滝の特徴が分かるようにしています」という。スタンプを押す台紙は大滝総合運動公園の無料休憩所キートス・マヤ、大滝総合支所、大滝ナイアガラの滝へのコース入り口に置く。

 スタンプラリー初日となる「おおたき国際ノルディックウォーキング」では、全てのスタンプを押した中学生以下の先着50人にプレゼントを用意。若い世代の参加の呼び水にする考え。同ウォーキングの終了後もスタンプラリーは継続する。ただし景品はない。

 天野さんは「おおたき国際ノルディックウォーキングは毎年、中高年の参加が多いが、若い人は少ない状況にあります。これを契機にぜひ多くの人に参加してほしいです」とPRしている。

 おおたき国際ウォーキングの参加者募集は来月10日まで。詳細、問い合わせは主催者の同実行委(大滝総合支所地域振興課内)、電話0142・82局6748番へ。
(奥村憲史)

【写真=大滝ノルディックウォーキングコースでスタンプラリーを企画する天野さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市の次世代エネルギーとして港生かし水素を産業に
☆ 室蘭・市商連がキャッシュレス決済の説明会を初開催
☆ 室蘭銘菓「草太郎」に使うヨモギの収穫作業が本格化
☆ 室蘭市内の民家でシャクナゲ満開、記録的な暑さ後押し
☆ 登別国際観光コンベンション協がツーリズムEXPO参加へ
☆ 「まるで飛び立つ白鳥」、伊達・古屋さん宅のフジ満開
☆ 苫小牧で来月30日、勇払原野のシンポや見学ツアー開催
☆ 高齢者パソコンで遊ぶ、室蘭で便利さ伝えるイベント