■ 西いぶりファーマーズマーケット、来月2日室蘭で開催
【2019年5月23日(木)朝刊】

「地元の新鮮な食材を知ってほしい」と呼び掛ける西いぶりファーマーズマーケットの楠本実行委員長
 西胆振地方の生産者が旬の食材を提供し、地産地消の食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)の2019年の開催日程が決まった。年3回を予定し、1回目は6月2日、室蘭市中島町のシャンシャン通り「お元気広場」で開かれる。

 西胆振や周辺地域の生産者が自ら、対面方式で販売し、豊かな食資源と食材を生かした加工品などの提供を通じて地域の魅力を知ってもらうイベント。

 今年最初となる同日は、伊達市や洞爺湖町、豊浦町、壮瞥町の農家や果樹園、パンなど食品加工、室蘭市内の飲食店など19の事業者が出店。ジャガイモ、アスパラ、イチゴ、トマトなど旬の農産物を提供する予定。地元の食材を使ったジャムなど加工品、個性的な雑貨も販売する。

 このほか8月25日、9月15日に開催予定。イベントは5年目を迎え、楠本謙志実行委員長は「農作業の合間に参加していただく生産者の理解と協力があって、ここまで続けられた。生産者同士のつながりによって、仲間の輪が広がっています。出店者も買い物に来た方も、みんなが楽しいと感じられるイベントを続けていきたい」と来場を呼び掛けている。当日は午前10時〜午後3時。
(菅原啓)

【写真=「地元の新鮮な食材を知ってほしい」と呼び掛ける西いぶりファーマーズマーケットの楠本実行委員長




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市の手話電話サービス、19年度も試行継続へ
☆ 室蘭・絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃
☆ 音楽劇「カイ」が26日登別公演の本番前に全員で稽古
☆ 登別・幌別鉄南地区の子ども食堂が26日にプレオープン
☆ 伊達聖ヶ丘病院硬式野球部に高卒ルーキー4人仲間入り
☆ そうべつ情報館・サムズでご当地の大福豆カレーを販売
☆ 元Jリーガー楢崎さん、白老・白翔中訪問しエール送る
☆ 室蘭・祝津保育所の園児お花見、地元の函館どつく招待