■ 西胆振にセリア初進出、室蘭・モルエ中島に7月に開業
【2019年5月16日(木)朝刊】

セリアが入店することが決まったモルエ中島のA棟
 100円ショップ大手のセリア(岐阜県大垣市、河合映治社長)が西胆振に初進出することが15日、分かった。直営店を7月中旬、室蘭市中島本町のショッピングセンター(SC)モルエ中島内に開業する。スーパーアークスなどが入るA棟にテナントとして入る。主婦層を中心に支持を広げる人気店で、消費者の話題となりそうだ。

 モルエを運営する日鉄興和不動産室蘭事業所(鈴木誠治所長)としても、利用者から開設要望が高かった待望の100円ショップ誕生となる。一昨年のホームセンター開店に続く、新業態によるてこ入れで、SC発展の起爆剤として期待している。

 東京商工リサーチ室蘭支店によると、1985年(昭和60年)創業で業界2位のショップ。営業所数は11カ所。全国に1592店舗(直営店1543店、FC店49店、19年3月時点)がある。資本金12億7883万円。19年3月期の売上高は約1704億円。

 また、道内では札幌市や札幌周辺都市を中心にしながら、旭川、函館、釧路などの地方都市に計58店を展開しており、室蘭近隣では苫小牧にFC店1店がある。

 室蘭の店舗名はセリア室蘭モルエ中島店になる。今春までファッションのSHOO・LA・RUEとHoneysが利用していた計2区画の825平方メートルを活用する。セリアが手掛ける店舗の中でも商品が充実した大型の「フルサイズ規格」になるという。

 現在、出店場所は仮囲いされており、旧店舗の撤去工事が進められている。6月中旬からセリアの内装工事に入り、7月中旬の開店を計画している。

 日鉄興和不動産室蘭事業所の居村翔太さんは「セリアは主婦層を中心に幅広い年代に支持されており、モルエの客層にマッチすると考えている。多くの消費者に喜んでもらえれば」と話している。
(鞠子理人)

【写真=セリアが入店することが決まったモルエ中島のA棟




◇ 主な地域のニュース

☆ 札幌大通り公園でライラックまつり開幕、見ごろ迎える
☆ ヤエザクラ見頃迎える―室蘭市内で18、19日に桜まつり
☆ 室蘭をテーマに詠んだ俳句がエンルムマリーナに展示
☆ オフロードレースTRY-Xが来月2日に登別で道内初開催
☆ 豊浦町の元地域おこし協力隊・大橋さんが養鶏場を開設
☆ 洞爺湖町でこども体験の日イベント、縄文住居模型作り
☆ 安平町で18日に復興感謝フェス開催、ボランティア招く
☆ 上智大生が講師を務める「STP」、今年も室蘭で開催