■ 上智大生が講師を務める「STP」、今年も室蘭で開催
【2019年5月16日(木)夕刊】

「私たちと一緒に楽しみながら英語を勉強しましょう」と呼び掛ける学生たち
 上智大学外国語学部英語学科の有志学生が講師を務め、小中学生に英語の楽しさを伝える「サマー・ティーチング・プログラム(STP)」(岩田実希チーフ)が8月7日から7日間、室蘭市高砂町の海星学院高校で開催される。6月30日まで参加者を募集している。

 STPは福岡県福岡市、カンボジア・シェムリアップなど7地域で開かれ、室蘭での実施は48回目。今回のテーマは「NEW ERA」。令和にはやりそうな新しいものを取り入れる予定で「これまでとは違うSTP体験にしてほしい」と多くの参加を呼び掛けている。

 学生24人が講師となり、手作りの教科書を使って、アルファベットや単語、文法などを学習したり、料理や音楽、スポーツなどアクティブに英語を勉強する。岩田チーフは「英語は楽しい―と思ってくれるような7日間にしたい」と笑顔を見せている。

 11日は休み。時間は午前9時〜午後3時。対象は小学5年〜中学3年。定員は100人。費用は教材費や保険代を含み4千円。参加希望者、問い合わせは、stpmuroran2019@gmail.comへ。
(坂本綾子)

【写真=「私たちと一緒に楽しみながら英語を勉強しましょう」と呼び掛ける学生たち




◇ 主な地域のニュース

☆ 札幌大通り公園でライラックまつり開幕、見ごろ迎える
☆ 西胆振にセリア初進出、室蘭・モルエ中島に7月に開業
☆ ヤエザクラ見頃迎える―室蘭市内で18、19日に桜まつり
☆ 室蘭をテーマに詠んだ俳句がエンルムマリーナに展示
☆ オフロードレースTRY-Xが来月2日に登別で道内初開催
☆ 豊浦町の元地域おこし協力隊・大橋さんが養鶏場を開設
☆ 洞爺湖町でこども体験の日イベント、縄文住居模型作り
☆ 安平町で18日に復興感謝フェス開催、ボランティア招く