■ 室蘭の藤山さんが消防士意見発表で全道最優秀、全国へ
【2019年5月15日(水)朝刊】

「プライバシーに配慮しない撮影はとどまってほしい」と訴える藤山さん
 室蘭市消防署蘭北支署(陣屋町)の藤山翼消防士(25)が「第45回全道消防職員意見発表大会」で最優秀賞を受賞し、室蘭市消防署員として初めて全国大会(福岡市)に出場する。事故現場に遭遇した人に傷病者への配慮を促すメッセージを冷静に発信。藤山消防士は「支えてくれた方に感謝しながらしっかりと表現したい」と力を込めた。

 藤山さんは今年1月、「第36回道南地区消防職員意見発表大会」に出場。テーマは「もう一歩先の守るべきこと」。休日に事故現場に遭遇し高齢女性への救命活動中、周囲の見物客への違和感を感じた。「無許可で現場を撮影し、匿名でSNSに画像を上げてしまう。心ない行為で家族は傷つく。自分がされたらどう思うか」

 日ごろの消防活動中にも感じていたこの問題を題材にした。解決策として、避難訓練や査察の際の注意喚起を挙げたほか、「現場を覆うブルシートへの注意書きやSNSでの呼び掛けも有効」と訴えた。審査員を務めたメディア関係者らから高い評価を受け、同消防では16年ぶりに全道大会への出場を果たした。

 全道大会の舞台でも、丁寧に問題点を指摘した藤山さんは29日、全国大会に出場する。全国9支部から選び抜かれた10人の消防職員が、業務に関するアイデアや課題について表現する。「意見を発信できる良い経験となる。将来、実際の業務にも役に立つ」と抱負を語った。

 意見発表大会では、消防職員が業務に関する提言や、自身が取り組むべき課題など自由なテーマで5分間発表し、業務に関する知識を深め意識の高揚を図る。年齢制限はなく全国で実施され、発表内容のほか表現力なども審査の対象となる。
(鈴木直人)

【写真=「プライバシーに配慮しない撮影はとどまってほしい」と訴える藤山さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭交通安全協会が無事故無違反の優良ドライバー表彰
☆ 胆振省エネ・新エネ導入の情報共有へ、室蘭で推進会議
☆ 室蘭で異業種交流会「蘭参会」の設立10周年記念講演会
☆ 登別で新たな命、誕生へ…動物や海獣たち続々仲間入り
☆ 伊達高教諭・冨士さんがバスケBリーグの審判で活躍
☆ 「ホタテ大きく育て」豊浦・礼文華小児童が耳づり体験
☆ 厚真で復興と五穀豊穣願う御田植祭、秋に新嘗祭奉納へ
☆ 室蘭図書館で白蘭小児童がカウンター作業など司書体験