■ 道の駅みたら室蘭、連休最終日も観光客でにぎわう
【2019年5月7日(火)夕刊】

10連休の最終日も市民や観光客でにぎわいを見せた道の駅みたら室蘭の飲食スペース
 10連休最終日を迎えた6日、室蘭市内の公共施設には残りの一日を満喫しようとする多くの市民や観光客が足を運んだ。先月リニューアルオープンした祝津町の道の駅みたら室蘭では、飲食する市民や土産を買う観光客でにぎわった。

 市内白鳥台の竹原大地さん(21)は家族6人で訪れ、ソフトクリームを食べた。「6連休あったので、友人とお酒を飲んだり、札幌に出掛けたりと楽しみました。今日は家族そろってドライブです」と笑顔で話す。

 札幌市から帰省した娘と訪れた中島町の夏坂義弘さん(61)は「連休中は娘とゴルフを楽しみました。道の駅が新しくなったので早速来ました」。物販スペースでは買い物も楽しんでいた。

 ゴールデンウイークの10日間、施設内の飲食テナント「くじら食堂」では室蘭やきとりを100本販売するごとに割引券や景品が当たる「室蘭やきとり1万本チャレンジ」を開催した。

 この日1万本目を購入した札幌市の皆川正敏さん(32)、雅恵さん(29)夫妻は「初めての室蘭で、室蘭やきとりを食べるのが楽しみでした」と声を弾ませた。
(林帆南)

【写真=10連休の最終日も市民や観光客でにぎわいを見せた道の駅みたら室蘭の飲食スペース




◇ 主な地域のニュース

☆ 土産を手に生活の場へ、室蘭でも別れ惜しむ光景
☆ 海の幸「おいしい」、室蘭水族館の浜焼きが人気
☆ 高原の春を満喫、GW終盤「だんパラ」にぎわう
☆ 初の海レク、親子で満喫―室蘭でこどもの日体験会
☆ 登別・キウシト湿原で来園者2万人を達成、開園4年
☆ 伊達の迎賓館で甲冑試着体験、武将気分で記念撮影
☆ ぐるぐる目が回る〜、伊達で温水プール無料開放
☆ 苫小牧市が手のひらサイズの統計作成、人口など18項目
☆ 春色の室蘭…見ごろのサクラ並木・立夏のカタクリ