■ 初の海レク、親子で満喫―室蘭でこどもの日体験会
【2019年5月6日(月)朝刊】

カヌーを楽しむ子どもたち
 室蘭市体育協会のB&G海洋センター(江良幸雄施設長)が主催する「こどもの日海レク体験会」が5日、センター周辺の室蘭港内で行われ、子どもたちが海洋スポーツを楽しんだ。

 海洋レクリエーションの普及、ゴールデンウイークの施設利用の促進などを狙いに今年初めて取り組み、室蘭や札幌などから50人が参加した。

 ライフジャケットを装着後、数班に分かれて1、2人乗りのカヌーや530ヨットを体験。カヌー体験では、子どもたちがパドル操作に悪戦苦闘しながら海面を走るカヌーの魅力に触れた。

 また、同センター保有の動力船での室蘭港内の遊覧も楽しんだ。

 江良施設長は「今回は多くの子どもたちや親子連れが来てくれた。7月の海の日にも実施するので、たくさんの人に参加してほしい」と話していた。

 教室や体験会に関する詳細は同センター、電話0143・26局2082番へ。
(高橋昭博)

【写真=カヌーを楽しむ子どもたち




◇ 主な地域のニュース

☆ 土産を手に生活の場へ、室蘭でも別れ惜しむ光景
☆ 海の幸「おいしい」、室蘭水族館の浜焼きが人気
☆ 高原の春を満喫、GW終盤「だんパラ」にぎわう
☆ 登別・キウシト湿原で来園者2万人を達成、開園4年
☆ 伊達の迎賓館で甲冑試着体験、武将気分で記念撮影
☆ ぐるぐる目が回る〜、伊達で温水プール無料開放
☆ 苫小牧市が手のひらサイズの統計作成、人口など18項目
☆ 春色の室蘭…見ごろのサクラ並木・立夏のカタクリ
☆ 道の駅みたら室蘭、連休最終日も観光客でにぎわう