■ イオン苫小牧が計119万円分のギフトカードを40団体に
【2019年4月30日(火)朝刊】

奥村店長(左)からギフトカードを受け取る団体の代表者
 イオン苫小牧店(奥村和重店長)の「2018年度イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」贈呈式が27日、苫小牧市柳町の同店1階セントラルコートで行われ、40団体に計119万円のギフトカードが贈られた。

 同キャンペーンはイオン北海道(札幌市)が全道で実施。毎月11日のイオンデーに発行される黄色いレシートを、あらかじめ登録しているスポーツ少年団や福祉関連など各団体のボックスに投入してもらい、寄付額を配分する仕組み。

 18年度は総額約1億1940万円のレシートが寄せられた。贈呈式で奥村店長は「今後とも、皆さまの活動を一生懸命に応援していきたい」とあいさつ、各団体の代表者にギフトカードを手渡した。
(佐藤重伸)

【写真=奥村店長(左)からギフトカードを受け取る団体の代表者




◇ 主な地域のニュース

☆ 歓迎「令和」花開く、室蘭市内で記念の催しなど開催 
☆ 室蘭バドミントン連盟団体戦大会、交流深める好ラリー
☆ ENEOS杯少年野球で室蘭祝津が2年ぶり栄冠
☆ 登別のキウシト湿原でミズバショウ観察会、春を体感
☆ 火災増える時季、手際よく消火活動…伊達消防団が訓練
☆ 洞爺湖町のわかさいも本舗が改元を記念し限定品を販売
☆ 白老・ナチュの森に「エターナルリング」がお目見え
☆ 野鳥の会室蘭支部が地球岬遊歩道で市民探鳥会