■ 登別で民謡発表大会、磨いた自慢ののどを披露
【2019年4月8日(月)朝刊】

自慢ののどを披露する出演者
 登別民謡連合会(石橋涛栄会長)主催の「第82回民謡発表大会」が7日、市内富士町の市民会館大ホールで行われ、出演者が日ごろ磨いた自慢ののどを披露した。

 室蘭民報社など後援。開会式で石橋会長が「平成最後の大会です。参加者に声援をお願いするとともに出場者の自慢ののどをお楽しみください」とあいさつ。来賓の堀井学衆院議員、小笠原春一登別市長、小塚順一登別市文化協会会長が祝辞を述べた。

 大会には地元登別のほか室蘭、白老にある10支部から47人がエントリー。高橋花さんら4人による開会宣言で幕が開いた。出演者らは、尺八や三味線の伴奏に合わせ、「江差追分」や「十勝馬唄」「ソーラン節」など“十八番(おはこ)”を披露。曲が終わるたびに、客席から大きな拍手が上がり、詰め掛けた聴衆を楽しませていた。最後は参加者、聴衆一体となった北海盆唄で幕を下ろした。
(長谷川正憲)

【写真=自慢ののどを披露する出演者




◇ 主な地域のニュース

☆ 道知事に鈴木氏、若きリーダーの誕生
☆ 道議選苫小牧市区は3現職が議席を守る
☆ 交通網整備、景気回復を…室蘭・有権者の思い
☆ 道知事選胆振管内投票率、3市1町で前回を下回る
☆ 室蘭パークゴルフ協会が総会、9月に20周年記念大会
☆ ヤヤン昆布商品が続々、室蘭ふりかけやラーメン人気
☆ 乾杯…洞爺湖温泉銘酒まつりで150種類を飲み比べ
☆ 室蘭水族館がモルエ中島でペンギン行進ショーを開催

【速報】道知事に鈴木氏―新人対決、大差で石川氏破る