■ JXTG室蘭事業所が物流拠点として再スタート
【2019年4月2日(火)朝刊】

石油化学工場から物流拠点に転換した「JXTGエネルギー製造部室蘭事業所」の社名表示
 63年にわたる石油製品の製造を3月末で停止したJXTGエネルギー室蘭製造所が1日、「製造部室蘭事業所」として再スタートした。今後はガソリンや灯油など道内向けに石油製品の受け入れや備蓄、出荷する物流拠点の機能に特化し、安定供給に努める。

 室蘭市陣屋町の室蘭事業所では1日朝、国道37号にに面した構内出入り口の社名表示が「製造部室蘭事業所」に改められた。特にセレモニーはなく、従業員らは普段通りに出社した。

 室蘭製造所は3月31日までに石油化学製品の製造を停止。設備の洗浄や滞油作業は7月末までに完了させ、自家発電設備も停止する。8月末までに簡易ボイラーを設置、稼働する予定。

 事業所化に伴い、勤務する従業員は他製油所などへの配置転換などで220人から約100人まで半減し、グループ制をチーム制へ移行し「総務環安」「業務」「保全」の3チームに再編した。

 同日付で就任した室蘭事業所の山縣厚所長は「物流拠点として一層、道内への製品の安定供給という責任を果たしていかなければならない。事業所として一丸で円滑なスタートに努める」と事業所化に当たって気を引き締めていた。
(菅原啓)

【写真=石油化学工場から物流拠点に転換した「JXTGエネルギー製造部室蘭事業所」の社名表示




◇ 主な地域のニュース

☆ 新元号「令和」好意的受け止め…室蘭、登別市民の反応
☆ 「日本製鉄」始動―室蘭でも表記替え、門標掛け替える
☆ 室蘭アイスホッケー連盟会長杯で日鋼病院が2年ぶりV
☆ 登別の企業・団体で決意新たに入社式、若さに期待
☆ 伊達・北黄金貝塚が今季の営業開始、初日から盛況
☆ 幻のリンゴ…壮瞥で商品化へ向け生産者と意見交換
☆ 今年はいつ?苫小牧・サンガーデンが桜の開花クイズ
☆ 新たな学部で真理探究―室蘭工業大学で入学宣誓式