■ 室蘭のスクール児童館などの児童らがスケート交流
【2019年2月10日(日)朝刊】

スケートを楽しみながら交流する児童ら
 室蘭市内のスクール児童館4館と児童センター1館を管理運営する室蘭ビル管理(室蘭市中島町、安藤則昭代表取締役社長)主催のスケート交流学習が9日、中島本町の市中島スポーツセンターで開かれ、普段は交流のない他校の児童らがスケートを通して友だちになった。

 5館に通う児童や保護者ら約140人が参加。各館のスタッフがスケーティングを指導した。児童らは一斉にリンクに出ると、スピードを上げて追い掛け合ったり、競走したりして楽しんだ。初心者の児童はコーンを支えに滑ったり、壁につかまりながら歩く練習をしていた。

 楢屋あさひさん(みなと小1年)は「友達と鬼ごっこをしたりして楽しい」と笑顔を見せていた。
(池田勇人)

【写真=スケートを楽しみながら交流する児童ら




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市内でクラウドファンディングが広がる
☆ 室蘭・道の駅みたら仮オープン、物販スペース倍に
☆ 室蘭小説学校が合評会、文芸作品の奥深さに触れる
☆ 登別おれんじふぉーらむの講演で認知症の理解深める
☆ 登別伊達時代村でおひなさま展、きらびやかな7段飾り
☆ 伊達・セミナー&シンポで森林保全について考える
☆ 苫小牧で展示販売会、クリスマスローズじっくり品定め