■ ひな人形に広がる笑顔…室蘭市民が寄贈、2カ所で展示
【2019年2月9日(土)夕刊】

室蘭市子育て世代包括支援センターに飾られている7段のひな飾り
 室蘭市内の二つの公共施設に、市民から寄贈されたひな人形が飾られている。訪れた市民らを一足早い桃の節句ムードに包んでいる。

 東町の市子育て世代包括支援センターは、4日から7段のひな飾りを設置。朝から元気な子どもたちが集い、ひな壇を指さして「かわいい」と声を上げている。

 高砂町の塩崎浩さん(72)、ゆう子さん(69)夫妻から贈られた。夫婦は「娘が生まれたときに、顔のかわいい人形を選んで買いました。今も飾って見てもらえるのはうれしいですね」と笑顔を見せる。

 幸町の市役所本庁舎1階子育て支援課執務室の空きスペースにも、1月に寄贈されたおひなさまとお内裏さまが並んでいる。
室蘭市子育て支援課の執務室に置かれたおひなさまとお内裏さま
 瀧浪孝行課長は「お子さんの健やかな成長を願い、来庁の際にはぜひご覧ください」と話していた。
(林帆南)

【写真=室蘭市子育て世代包括支援センターに飾られている7段のひな飾り(上)、室蘭市子育て支援課の執務室に置かれたおひなさまとお内裏さま(下)】




◇ 主な地域のニュース

☆ 「モルエラニ」3月に完成試写会、室蘭など計5回
☆ 室蘭市内すっぽり冷凍庫、水道凍結は17件
☆ 心和む水彩画の世界、室蘭で「銀河」作品展始まる
☆ 私立高校入試志願状況で大谷室蘭は2・4倍
☆ 登別駅エレベーター設置工事費は概算で8億5千万円
☆ イオン登別店内に期日前投票所設置、商業施設では初
☆ 伊達商議所会館の解体延期、ホテル誘致断念
☆ 白老・道栄高吹奏楽部が木管八重奏で全道出場