■ 白老小4年の清水さんがひだか馬の絵コンテスト最高賞
【2019年2月5日(火)朝刊】

松浦振興局長から受け取った賞状を手にする清水さん
 日高振興局主催の「ひだか馬の絵コンテスト」の審査がこのほど行われ、白老小学校4年、清水悠那さん(9)の作品が最高賞の大賞に選ばれた。入賞は3回目。「大賞を取りたかった。すごくうれしい」と笑顔で話した。

 胆振東部、日高管内の小学生から259作品が寄せられ、大賞1点、優秀賞5点、入賞6点を選んだ。白老の小学生の大賞受賞は初めて。清水さんは一昨年入賞、昨年は優秀賞。水彩の大賞は牧場内で並んで立つ子馬2頭、草をはむ親馬1頭が表情豊かに描かれている。

 白老の馬産地として知られる社台の牧場「社台ファーム」の敷地内に住んでおり、生まれた時から馬と親しんできた。背中にも乗れるという。「おなかがふっくらしてかわいい。子馬は目がかわいい」。絵を描くのも大好きだ。

大賞に選ばれた清水さんの作品 1日、白老小を訪れた松浦英則日高振興局長から賞状と副賞の図書券を受け取った清水さんは「また応募して大賞を取りたい」。

 同振興局は松浦さんの大賞を含む入賞12作品を月ごとの図柄にしたカレンダーを作製。今後日高管内で入賞作品展を開催するという。
(富士雄志)

【写真=松浦振興局長から受け取った賞状を手にする清水さん(上)、大賞に選ばれた清水さんの作品(下)】




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・永澤機械がMRJ向け部品受注、深穴加工法開発
☆ 日本製紙が室蘭港崎守ふ頭のチップヤードを廃止へ
☆ 室蘭職安が就職準備応援セミナー、マナー身に付けて
☆ 登別温泉湯まつりで熱気あふれる源泉湯かけ合戦
☆ 登別市内も中国人客で大にぎわい、「春節」連休始まる
☆ わくわく冬まつり―洞爺湖温泉街で開幕、12日まで
☆ 洞爺湖町で最後の胆振西部剣道選手権大会、白熱の攻防
☆ 実力派50人熱唱、民謡連盟室蘭地区連が新春歌謡フェス