■ 室蘭職安が就職準備応援セミナー、マナー身に付けて
【2019年2月5日(火)朝刊】

電話応対などのビジネスマナーや社会人としての心構えを学んだセミナー
 室蘭公共職業安定所(杉本秀司所長)主催の就職準備応援セミナーが4日、室蘭市海岸町の同所で開かれ、春から社会人となる高校生が必要な心がけやビジネスマナー、労働法などについて理解を深めた。

 新社会人としての意識づくりやコミュニケーションを通し、新卒高校生の不安を解消するのが狙い。同所では昨年2月に初開催したところ好評で、今年も開催することとなった。

 この日は室蘭市や伊達市、壮瞥町などから18人の高校生が参加。五つの班に分かれ、自己紹介の後、今の「期待」や「不安」について話し合った。各班からは「親から独立できる」「自分が自由にできるお金が増える」「好きなことを仕事にできたので楽しみ」などの意見が出た半面、「上司や先輩にいじめられないか」「言葉遣い」「車の運転」「コミュニケーションが取れるか」「人間関係」といった不安意見も挙げられた。 労働法のコーナーでは「法定労働時間を超えた場合でも残業代が払われない場合は労働基準法に違反している」「有給休暇は利用目的を問われることなく取得できる」「仕事が原因のけがは労災保険が適用され、自己負担はない」などと紹介。電話の応対では、生徒同士が電話をかける側と受ける側になり、さまざまなパターンの対応を学んだ。

 講師を務めた笠原洋人上席職業指導官は「就職に不安を抱えているのは自分だけではないことを覚えてください。職場で悩みがある場合は抱え込まず、気軽に相談してください」と呼び掛けた。
(北川誠)

【写真=電話応対などのビジネスマナーや社会人としての心構えを学んだセミナー




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・永澤機械がMRJ向け部品受注、深穴加工法開発
☆ 日本製紙が室蘭港崎守ふ頭のチップヤードを廃止へ
☆ 登別温泉湯まつりで熱気あふれる源泉湯かけ合戦
☆ 登別市内も中国人客で大にぎわい、「春節」連休始まる
☆ わくわく冬まつり―洞爺湖温泉街で開幕、12日まで
☆ 洞爺湖町で最後の胆振西部剣道選手権大会、白熱の攻防
☆ 白老小4年の清水さんがひだか馬の絵コンテスト最高賞
☆ 実力派50人熱唱、民謡連盟室蘭地区連が新春歌謡フェス