■ 実力派50人熱唱、民謡連盟室蘭地区連が新春歌謡フェス
【2019年2月5日(火)夕刊】

自慢の歌声を響かせる出演者
 北海道民謡連盟室蘭地区連合会(木村美祥会長)主催の室蘭市長杯、NHK室蘭放送局局長賞争奪第26回新春歌謡フェスティバルが3日、室蘭市輪西町の市民会館で行われ、出演者が自慢の歌声でステージを盛り上げた。

 3部構成で同連合会会員、室蘭・登別市民、歴代優勝者ら約50人が出演した。開会式で木村会長が「出場者に大きな声援をよろしくお願いします」とあいさつし幕開けした。

 出演者は「天竜流し」「流れ星」「一声一代」などを歌った。2部は歴代優勝者による「チャンピオンステージショー」として7人が「オホーツク海岸」「望郷波止場」などを披露した。3部は「ゴールデン夢ステージショー」として、テレビ出演した竹野留里さんや審査員ら4人が登壇し会場を沸かせた。
(粟田純樹)

【写真=自慢の歌声を響かせる出演者




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・永澤機械がMRJ向け部品受注、深穴加工法開発
☆ 日本製紙が室蘭港崎守ふ頭のチップヤードを廃止へ
☆ 室蘭職安が就職準備応援セミナー、マナー身に付けて
☆ 登別温泉湯まつりで熱気あふれる源泉湯かけ合戦
☆ 登別市内も中国人客で大にぎわい、「春節」連休始まる
☆ わくわく冬まつり―洞爺湖温泉街で開幕、12日まで
☆ 洞爺湖町で最後の胆振西部剣道選手権大会、白熱の攻防
☆ 白老小4年の清水さんがひだか馬の絵コンテスト最高賞