■ 心和む一日警察署長、室工大・江平さんが笑顔の訴え
【2019年1月11日(金)朝刊】

啓発物を配布する江平さん
 「110番の日」にちなみ、室蘭工業大学の学生が10日、室蘭警察署の一日警察署長を務め、来庁者に交通安全の啓発物を配布した。

 委嘱を受けたのは、工学部電子工学系学科2年の江平のぞみさん(20)。道警学生ボランティア「Jumpers」に、昨年6月ごろから在籍。防犯パトロールなどを通し、日ごろから地域の安全に目を光らせている。

 車両同士の交通事故を想定した模擬通報の受理体験では、事故の当事者に扮(ふん)する署員に、「落ち着いてお答えください」と電話口で語り掛け、緊張をほぐしながら、名前や車種、けがの有無といった事故状況を的確に聞き出した。

 このほか、リフレクター(反射板)やティッシュ、同署オリジナルカレンダーを約20人に手渡し、事件・事故などの緊急事態は「110番」、困り事・悩み事などの相談は「♯9110」へ通報するよう周知を図った。

 将来は警察官となり、無線や通信指令システムの管理・構築を行う情報通信部で働くのが夢という江平さん。「仕事内容を具体的にイメージでき、室蘭市民の役に立つ活動もできてよかった」と振り返った。
(鈴木直人)

【写真=啓発物を配布する江平さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭港フェリーターミナル2階に紙の船舶模型を展示
☆ アンサンブル・ムジーク室蘭が4月に第1回公演
☆ 室蘭の彫刻家・坂本さんが製鉄病院で作品展
☆ のぼりべつクマ牧場に氷柱オブジェが初登場
☆ 男女30人が果敢な滑り、登別でスキー技術選手権大会
☆ 伊達署管内の110番受理件数一日平均5・7件
☆ 白老町が対策計画案で空き家相談窓口を建設課に一元化
☆ 室蘭・居酒屋塾こんそで「タイ」ダンスの輪