■ フロアカーリング面白い、伊達で初心者ら魅力に触れる
【2019年1月7日(月)朝刊】

フロアカーリングのルール、魅力を学んだ体験講習会
 カーリングの屋内版「フロアカーリング」を気軽に楽しんでもらおうと、伊達市フロアカーリング協会が主催した体験交流会が昨年12月24日、市内松ヶ枝町の総合体育館であり、初心者を中心に24人が試合形式でルールや競技のこつなど魅力に触れた。

 フロアカーリングは車輪付きの木製ストーン「フロッカー」を使い、最初に投げたフロッカーにどれだけ近づけたかを競う軽スポーツ。競技人口の拡大を目指して同協会が毎年、交流会を開いている。

 そろいのユニホームを着込んだ会員らがルールを説明して、参加者は6グループに分かれて試合を体験した。投じるフロッカーは氷上のカーリングより曲がりが大きく、的自体もぶつけると動くためゲーム性が高い。参加者は力加減や曲がり具合に苦労しながらこつを学び、ミスやナイスショットの連続に歓声を上げていた。

 平昌冬季五輪でのカーリング日本女子の活躍もあり、過去最多の参加者を集めた。同協会会長の佐藤英輔さん(84)は「会員は現在57人まで増えました。競技を通した仲間づくりが広がっています」と笑顔で話していた。
(野村英史)

【写真=フロアカーリングのルール、魅力を学んだ体験講習会




◇ 主な地域のニュース

☆ 「太陽が欠けているよ」…胆振でも3年ぶりに部分日食
☆ 室蘭・立野さんの自宅に音楽ホール、12日にお披露目
☆ 室蘭・入江ゴルフセンターで愛好家ら春へ快音
☆ 遊びに夢中、勉強に集中…室蘭・きらんが大にぎわい
☆ 室蘭・だんパラでスノーボードの面白さ体感
☆ 登別・幌別東小で“地域の先生”が自習サポート
☆ 伊達市内の長流川河口でハクチョウが越冬羽休め
☆ 日鋼室蘭・瑞泉鍛刀所で操業の安全安定願い打ち初め式