■ 室蘭・立野さんの自宅に音楽ホール、12日にお披露目
【2019年1月7日(月)朝刊】

「若い演奏家たちを応援する場にしたい」と自宅の半分を私設音楽ホールとして改装した立野さん
 室蘭演奏家協議会会長で声楽家の立野了子さんが、幕西町の自宅の半分を私設音楽ホールとして改装した。「若い演奏家たちがステップアップできるよう、コンサートや勉強会の場として活用したい」と話し、後進の育成に一層力を注ぐ。

 昨年夏に他地域で開かれた個人宅でのクラシックコンサートに感銘を受けた立野さん。自宅にミニホールを設け「若い演奏家たちを応援する場にしよう」と改装を決めた。昨年11月26日に完成。出入り口は正面玄関の裏手に設け、居住スペースから独立させた。約40平方メートルで50人収容できる。

 完成記念日には、2012年(平成24年)に世界の若手音楽家の登竜門として知られるオーストリアのヨハネス・ブラームス国際コンクールのピアノ部門で2位に輝いた黒田佳奈子さん=市内在住=が演奏した。

 今月12日にはホールのお披露目コンサートを開き、関係者を招待する。立野さんに師事した地元の声楽家やピアニストが花を添える。「演奏家の息遣いを間近で感じてほしい」と話す。

 今後は室蘭出身の作曲家の土田英介さんや、オペラ歌手の立野至美さん、立野さんに師事した若手演奏家などを招き、コンサートや勉強会などを行う予定だ。
(成田真梨子)

【写真=「若い演奏家たちを応援する場にしたい」と自宅の半分を私設音楽ホールとして改装した立野さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 「太陽が欠けているよ」…胆振でも3年ぶりに部分日食
☆ 室蘭・入江ゴルフセンターで愛好家ら春へ快音
☆ 遊びに夢中、勉強に集中…室蘭・きらんが大にぎわい
☆ 室蘭・だんパラでスノーボードの面白さ体感
☆ 登別・幌別東小で“地域の先生”が自習サポート
☆ 伊達市内の長流川河口でハクチョウが越冬羽休め
☆ フロアカーリング面白い、伊達で初心者ら魅力に触れる
☆ 日鋼室蘭・瑞泉鍛刀所で操業の安全安定願い打ち初め式