■ コンサ札幌の小野選手が大谷室蘭イレブンを指導
【2018年12月7日(金)朝刊】

練習に参加し高校生に指導する小野選手(右)
 元サッカー日本代表、北海道コンサドーレ札幌・小野伸二選手が6日、室蘭市輪西町の新日鉄住金室蘭グラウンドを訪れ、北海道大谷室蘭高校サッカー部員に練習指導を行った。高校生らは憧れの選手のアドバイスに真剣に聞き入っていた。

 男子サッカー部80人、女子サッカー部29人が参加。小野選手は部員たちのパス練習やゲームに参加し、「ボールを持っている人にもっと近づいてプレッシャーをかけて」「パスを出した後の動きが大切。自分でしっかりと考えて」と、模範を見せながら具体的に指導。

 練習終了後は「今の自分に満足せず、もっとうまい選手がいると常に向上心を持って練習に励んで。ミスを恐れず、何ごとにもトライしてください」と激励した。田村都雲さん(2年)は「小野選手のパススピードは速く、とても刺激になった。もっと練習して小野選手のようなプレーヤーになりたいです」と話していた。

 アスリートがレジェンドとして全国の高校生を直接指導する大塚製薬主催の「ポカリスエットエースキャラバン2018」の一環で実現した。
(坂本綾子)

【写真=練習に参加し高校生に指導する小野選手(右)




◇ 主な地域のニュース

☆ 青山室蘭市長3選出馬へ、月内にも正式表明
☆ 室蘭・宮の森町の斎藤医院が診療半世紀…26日に閉院
☆ 室蘭出身の民謡バンドメンバー竹野さんがCDデビュー
☆ すす払いできれいに…登別温泉の閻魔様「極楽じゃ」
☆ 菊谷伊達市長が6選出馬表明、産業振興を政策の柱に
☆ 噴火湾とようら観光協会がARでマチの魅力発信
☆ 胆振東部地震から3カ月…犠牲者を思い黙とう
☆ 胆振地方冷え込む「大雪」…室蘭で氷点下1・7度