■ 室蘭出身の民謡バンドメンバー竹野さんがCDデビュー
【2018年12月7日(金)朝刊】

民謡バンド「Ezo’n」のメンバーとしてCDデビューを果たした、室蘭市出身の民謡歌手、竹野さん
 室蘭市出身で札幌の大学に通いながら民謡歌手として活動する竹野留里さん(19)が、民謡バンド「Ezo’n(エゾン)」のメンバーとして5日、CDデビューを果たした。タイトルは「歌姫」。古典的な楽曲をポップにアレンジした異色アルバムで「若い世代にも楽しんでほしい」とPRする。

 竹野さんは今春、室蘭栄高校を卒業し、現在は札幌の大学1年生。夏に札幌の音楽事務所「エゾンミュージック」に所属した。今回のアルバムには竹野さん、佐々木優子さん、加藤恵理奈さんの道内出身の実力派民謡歌手3人と、三味線、和太鼓奏者が参加した。

 「こきりこ節」「十勝馬唄」「ドンパン節」「花笠音頭」「石狩川流れ節」などの民謡11曲と、オリジナル2曲の計13曲を収録。竹野さんのソロや作詞もある。竹野さんは「初めてのレコーディングは楽しかった。小さいころから見てきた先輩たちと一緒で心強い。いずれ室蘭でもライブができたら」と話している。

 アルバムは税込み2700円。室蘭市内では東町の「ほしのおくりもの」、中央町の「よってけ浜町」で取り扱っている。
(成田真梨子)

【写真=民謡バンド「Ezo’n」のメンバーとしてCDデビューを果たした、室蘭市出身の民謡歌手、竹野さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 青山室蘭市長3選出馬へ、月内にも正式表明
☆ 室蘭・宮の森町の斎藤医院が診療半世紀…26日に閉院
☆ コンサ札幌の小野選手が大谷室蘭イレブンを指導
☆ すす払いできれいに…登別温泉の閻魔様「極楽じゃ」
☆ 菊谷伊達市長が6選出馬表明、産業振興を政策の柱に
☆ 噴火湾とようら観光協会がARでマチの魅力発信
☆ 胆振東部地震から3カ月…犠牲者を思い黙とう
☆ 胆振地方冷え込む「大雪」…室蘭で氷点下1・7度