■ 伊達で文化向上と発展に尽力した功績者4人たたえる
【2018年11月30日(金)朝刊】

菊地会長から表彰状を受ける受賞者
 伊達市文化協会(菊地清一郎会長)の2018年度(平成30年度)功績賞表彰式が28日夜、市内末永町のホテルローヤルであった。文化向上と発展に尽力した4人をたたえた。

 本年度の受賞者は伊達刀剣甲冑(かっちゅう)保存会副会長の八木俊光さん(82)、伊達華道協会理事の八田秀子さん(81)、伊達邦楽邦舞協会監査の吉野久美子さん(73)、伊達市音楽協会前会長の玉川清人さん(71)。

 菊地会長が受賞者一人一人を表彰し「長年にわたり、個人の技術を磨き上げ、業績を残していただいた。今後も次の世代にバトンを引き継いでいただきたい」とあいさつ。中山智康道議、寺島徹市議会議長がそれぞれ祝辞を述べた。

 受賞者を代表し吉野さんが「(受賞は)誠に光栄。これからもそれぞれの分野で活動していきます」と謝辞を述べた。表彰式後は、影山吉則教育長の発声で祝杯を挙げ交流を深めていた。

 同協会は32団体で構成し会員数は1200人。表彰式、祝賀会には100人が出席した。
(奥村憲史)

【写真=菊地会長から表彰状を受ける受賞者




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市が中国アプリ公式アカウントの年内取得目指す
☆ 室蘭・白鳥台のパチンコ店も閉店、商業空洞化を危惧
☆ 室蘭に新たな名物、鉄平にヤヤン昆布ラーメンが登場
☆ 被災3町に義援金172万円、室蘭53町内会の善意届ける
☆ 湯のまちの観光資源体感、タイの旅行会社が登別巡る
☆ 食育で健康づくり応援、伊達であすから初のミニ講座
☆ 苫小牧のご当地ナンバーデザイン決定、シンボル結集
☆ 銀世界の朝…室蘭で氷点下2.4度、凍結路面を慎重運転