■ 登別市がかもめ〜る活用、防災メールの登録呼び掛け
【2018年8月11日(土)朝刊】

登別市が送付する防災メール登録を呼び掛けるかもめ〜る
 登別市は郵便局とタイアップした防災周知に取り組む。郵便局の夏限定くじ付きはがき・かもめ〜るを活用し、市防災メールの登録を呼び掛ける文書を送る。

 市は2014年度(平成26年度)に、全国瞬時警報システム(Jアラート)で受信した情報を電子メールで自動配信する防災メールを整備。15年4月から運用している。受信する際に事前登録が必要で、広報紙への掲載や地域の防災研修会などで周知を進めているが、一層の登録促進を図る。

 かもめ〜るは暑中見舞いのほか、ダイレクトメール(DM)としても活用できる。抽選くじ付きで保管率が高いことなどから、啓発手段として初めて取り入れる。13〜17日の期間、公営住宅を除く胆振幌別川周辺の集合住宅、津波浸水エリアとなる線路より海側の集合住宅を対象に送付する。千枚を予定しており、エリア指定で配達できるかもめ〜るのDM「かもめタウン」を用いる。

 はがきの表面に台風シーズン到来に備えて防災メールの登録を呼び掛ける文章を、裏面にパソコンやスマートフォン、携帯電話からの登録方法を記した。今回は集合住宅に住む単身者や若者世代を主なターゲットにしているが、今後他地域への展開も検討する方針。

 問い合わせは市総務グループ、電話0143・85局1130番へ。
(石川昌希)

【写真=登別市が送付する防災メール登録を呼び掛けるかもめ〜る




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭の大安寺で灯籠会、先祖しのぶ柔らかな光
☆ 室蘭で9月にスワンフェスタ、白鳥大橋開通20年祝う
☆ 室蘭発のフェリーほぼ満船、公共交通機関状況
☆ 室蘭・電信浜遊泳場がクローズ、最終日も気温上がらず
☆ 伊達でキャンプフェスタ、小学生42人が大滝を満喫
☆ 伊達で12日まで故佐々木寒湖展、躍動感ある筆遣い
☆ 伊達署など3者が連携、お盆期間の取り締まりを強化