■ 飛生芸術祭の魅力30枚、製鉄室蘭病院で9月開催をPR
【2018年8月10日(金)夕刊】

飛生芸術祭を紹介する写真展
 9月8〜16日、白老町竹浦の旧飛生小校舎を拠点に開かれる「飛生芸術祭2018」(飛生アートコミュニティー主催)を前に、PRを兼ねた活動記録写真展が、室蘭市知利別町の製鉄記念室蘭病院1階ラウンジで開かれ、市民の関心を集めている。

 芸術祭は今年で10年目。木造校舎と周囲の森を会場に、道内外のアーティストたちが多彩な美術作品やパフォーマンスを披露し、親子で楽しめるワークショップやキャンプ(8、9日)なども繰り広げられる。

 同展では巨大なキャンプファイアや森の中を楽しそうに練り歩く子どもたち、森と校舎の幻想的な夜の雰囲気などを捉えた30枚が並ぶ。9月5日まで。芸術祭入場料など詳細はホームページやフェイスブックで。
(成田真梨子)

【写真=飛生芸術祭を紹介する写真展




◇ 主な地域のニュース

☆ ごみ処理施設を現地建て替え、西いぶり広域連合が方針
☆ 室蘭保健所が「手足口病」警報発令、手洗いの励行を
☆ 室蘭八幡宮が創立150年、14〜16日に例大祭
☆ 室蘭市が4月から新生児にオリジナル食器プレゼント
☆ 本で交流進めたい、登別市内でまちライブラリー始動
☆ 毎日の野菜大切、伊達・親子栄養教室で料理学ぶ
☆ 壮瞥・昭和新山国際雪合戦実行委がスポーツ振興賞大賞
☆ 新スポーツ楽しんで、バトルパーク白老がオープン