■ 白老・虎杖浜竹浦観光連合会がアヨロ鼻灯台を再活用へ
【2018年6月14日(木)朝刊】

アヨロ鼻灯台周辺活用整備基本計画策定などを決めた総会
 白老・虎杖浜竹浦観光連合会(福田茂穂会長)の2018年度(平成30年度)通常総会が13日、白老町虎杖浜のホテルいずみで開かれ、一昨年10月に廃止になったアヨロ鼻灯台を虎杖浜地域の観光資源として活用するため、周辺活用整備基本計画を策定することなどを決めた。

 15人が出席。福田会長が「2020年に国立アイヌ民族博物館が誕生します。来訪者の方々が虎杖浜、竹浦地区にも立ち寄ってもらえる仕組みづくりを検討していきたい。20年に虎杖浜で開催表明した源泉かけ流し全国温泉サミットに向けて諸準備を進めており、広くPRする絶好の機会。アヨロ鼻灯台周辺を新たな観光拠点として利活用していきます」とあいさつした。

 アヨロ鼻灯台周辺活用整備基本計画は町の補助金約240万円を活用して策定する。事業計画はこのほか、虎杖浜・竹浦地区の観光事業者を紹介するパンフレットを作製する。
(富士雄志)

【写真=アヨロ鼻灯台周辺活用整備基本計画策定などを決めた総会




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭署管内でも高齢ドライバー事故、後を絶たず
☆ 室蘭水族館で青いニホンザリガニの繁殖展示
☆ 世界に一つ記念凧、室蘭・白鳥大橋開通20周年祝う
☆ 自慢の酒類や食品PR、寿浅が室蘭で展示会
☆ 香港で登別の魅力発信、説明会・商談会に参加へ
☆ 登別・アーニスで父の日に合わせ笑顔の似顔絵並ぶ
☆ 洞爺湖町と豊浦の若手農家有志が「えんプロ」立ち上げ
☆ 藍染めと写真コラボ、伊達の関谷さんが室蘭でふうふ展